2010年08月15日

久々の・・・

7月前期の成績を受けてCS進出。
というか全国で229位で過去最高の成績でした。
終盤になって成績が良くなるとは・・・

というわけでCSが一戦だけスタートです。

―――――――――――――――――――キリトリ――――――――――――――――――――

CS1:CPUロッテ
こちらの先発は大隣
相手の先発はコバヒロ

4回に赤松と堂上剛がタイムリー また 8回に赤松と堂上剛タイムリー

そのまま大隣から星野そして山口に繋いで完封でCS優勝。BBH09で2回目。
○4-0
勝ち投手:大隣

―――――――――――――――――――キリトリ――――――――――――――――――――



日シリ1:準D 大名将(戦力値1925)
こちらの先発は岸
相手の先発は朝倉

2回に堂上剛のツーランで先制
4回に堂上剛の確定ノーサインソロで突き放すものの・・・
8回に「相手の」堂上剛のVSツーランを打たれる

岸から岩瀬に繋いで辛勝。
ってか、両軍ともに堂上兄の打点だけって・・・どんな強打者だよ。
○3-2
勝利投手:岸 セーブ:岩瀬

日シリ2:CPUG
こちらの先発は成瀬
相手の先発は東野

2回に嶋の先制タイムリー、同点とされた3回に宮出のタイムリーと赤松の犠飛で勝ち越し
さらに6回荒木と宮出のタイムリーで中押し、8回に赤松の2点タイムリーでダメ押し

成瀬が完投で押し切る。
○7-1
勝利投手:成瀬



GetAttachment.jpg



―――――――――――――――――――キリトリ――――――――――――――――――――


BBH09になって初の日シリ優勝!!
いやーーー久々です。流石にもう勝てないと思っていたのでうれしいですね。


posted by めぐり at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

2010シーズン補強計画の巻き

10ロケテが終わり、シーズンも中盤を過ぎたので来期のチーム計画でもしてみましょう。

投手編

投手陣は変更がありそう。まずは先発から。
先発6番手の増渕がリリーフに回る事になると思います。交流戦前後の成績ならSPもと思うくらいなので過去最高の数値でカード化されるでしょうから文句無くリリーフに回ってもらおうと思います。それに伴って右先発枠が一つ空きますのでそこに誰を入れるかが問題となります。

候補は伊藤準(中)、今村(広島)のどちらかですね。

また、左腕は今年の成績が成瀬以外は目を覆いたくなるような状態です。7番手の先発として育成枠の今井が入っていますが、さらに雄星を入れるかも。カード次第ではありますが大隣と入れ替える可能性があります。西武分を補うと言う意味でも重要なので今井と入れ替える可能性もあります。

続いてリリーフ。
増渕がリリーフ登録されるはずなのでそれに伴って入れ替える予定です。
今年は活躍を期待した若手投手がリリーフで成績を出しています。特に序盤の辛島は出色の出来でした。だから辛島のカード化はかなり期待しています。カード化されなかったらショック。他に入るとしたら片山かな・・・

また、長田と増渕が勝利の方程式の一端を担い、山口もクローザーとして独り立ち。これら全員カード化の可能性があるので期待しています。というわけで入れ替える予定は・・・

IN:増渕←→OUT:中里
IN:辛島←→OUT:石井

多少なりとも若返りできるんじゃないかと思います。
増渕、辛島それと長田の能力にも影響されると思いますが、

IN:武隈←→OUT:星野

も考慮の対象となると思います。カード化されればですが。
それにしても先発で期待した若手投手がリリーフで活躍するケースが増えてるな・・・



野手編

来期の変更は少しになりそうです。理由は今年のペナントでは今まで以上に登録選手が活躍しているからです。

捕手:銀仁朗は残念な結果ですが、嶋はSP間違いナシの結果を出しています。この先3年はこの二人で十分だと思います。怪我による引退や有名になりすぎた場合のみ変更すると思います。

内野手:二遊間の人材は驚くほど多くの選手が活躍しています。荒木、平野、藤田、内村そして堂上直、最近は川端も。その代わり、草野、宮出そして今期から使っているブランコが大不振。つまり、来期の補強は一塁三塁となります。三塁は将来への布石と言う形になります。

候補は筒香と浅村です。

どちらかというと好みは浅村ですが補強ポイントとしては筒香の方が合っている様な気がします。
ただ、抹消対象は宮出になると思うのですが、戦力的には抜きたくない所なんですよねぇ・・・最も、リアルで宮出はやばいのでしょうがないかな。

一塁の控えは現在ライトに定着しつつある堂上剛か武内になりそうです。流石にいまさらT-岡田を入れるのはちょっとね。というかブランコ自体がちょっと心配。来年以降が見えないようなら横浜のハーパーを入れるのもいいのかも。真面目だしね。
二遊間は守備固めのために岩崎を入れたいと思っていましたが、今年の平野が好調なので来期入れ替えはなくなったかな。二遊間の選手の問題があるとすれば二塁手登録が多くなりすぎる可能性があることくらいです。


外野手:現在の外野レギュラーは赤松、金城、藤井+DH栗山というパターンがほぼ定着。しかし、現実にレギュラーなのは栗山一人という惨憺たる状態。赤松はともかく、金城の衰えの激しいし、藤井も練習態度が悪く逆鱗に触れレギュラー剥奪されて萎んでしまいましたし、この先どうなるか困った状態です。

メンバーが固定されてしまった原因は、平田、江川、横川の将来の大砲と期待している選手の不振が続いているためです。もともと大砲の少ないチーム編成なのでこの三人には期待しているのですが、困った事にさっぱり駄目ですね。高井が外野手登録されたので堂上剛、武内も入れるとこれまた7人が準レギュラーを争う形になります。
年齢的に江川、横川、高井は余り猶予が無いと思いますので来年の成績次第で(つまり再来期)が見切りとなると思います。みんな二軍ではそれなりの成績上げているんですけどね。

金城の代わりとなる即戦力選手が欲しいのですが、牧田は年齢が高いし、松本は中堅が定位置で赤松と被るので入れにくいのでなかなかね。5割ちょいの勝率の我がチームでは3番を抜くのは厳しいんですよね。
困ったなぁ・・・
posted by めぐり at 16:56| Comment(3) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

なんというジェットコースター

6月は強烈に負け越しました。
7月は強い純正が全国大会に出ているせいか勝ち越しています。

久々にAクラスになりそうです。

―――――――――キリトリ――――――――――
6月下期
余りにも連敗過ぎて9試合到達できず。

01:△対ASM:1-1:齊藤-石井-長田-岩瀬。4段戦力2094。4回にマー君に打球直撃させてしまいました
02:×対ASF:3-4:涌井-山口-星野-×岩瀬。闘9戦力2082。9回裏にコース間違えて逆転サヨナラツーラン
03:×対ASF:0-6:×成瀬-小野寺-中里。闘9戦力2091。攻撃ノーサイン、守備低めONLYの阿呆
04:○対混楽:3-0:○岸完封。初段戦力1873。草野のソロで先行してそのまま。
05:×対ASBS:1-6:×大隣-星野-石井。大闘戦力2103。ノーサイン、逆サイン、メモリ関係なく打たれる
06:×対ASSB:4-10:×増渕-石井-岩瀬。名王戦力2116。メモリ合ってないと思うが・・・
07:×対ASF:1-9:×齊藤-岩瀬以外。闘9戦力2124。3戦目のアホと再戦。前の試合と全く同じ展開
08:×対ASF:1-2:×涌井完投。2段戦力2001。どうやってもヒットが出る展開これはダメだ・・・

1勝6敗1分
多分メモリが合ってなくてもヒットが出るパターン。
後半の4連敗はどうしようもありませんでした。VSで注文通りのゴロにしたら変な動きをしてホーム送球をあきらめて失点したり、逆サイン・勝負待ち逆・メモリも合ってなさそうなのにフラフラ野手の間に落ちて失点したり。

まあ、そういうこともあらぁな。ってことであきらめました。

それにしても相手とまったく駆け引きしないでほったらかし。サインも適当でカードパワーだけで勝ってる人と対戦するのは苦痛以外の何物でもないね。


―――――――――キリトリ――――――――――

7月上期
前の週遊んでなかったので全国大会があるとは知りませんでした。
行ったら他の人がほとんど純正で遊んでいたので「はて?」と思ったらそういうことですか。
私には関係ないけどね。

01:○対混M:5-2:○成瀬完封。3段戦力1975。8回裏に激励タイムリーから一気に4点取って勝利
02:△対ASF:7-7:岸-星野-小野寺-岩瀬。初段戦力1990。補正?で一気に7失点するも同点に追いつく
03:○対ASSB:6-2:○大隣-星野-長田。3段戦力不明。福岡+中日ってなんか繋がりあるんだろうか?
04:×対混F:0-2:×増渕-石井-長田。6段戦力1981。2犠飛で完封負け
05:×対ASM:0-4:齊藤-星野-×中里-山口。7段戦力2051。センター返しばっか・・・
06:○対ASM:8-1:○涌井-星野-小野寺-石井。初段戦力2001。三振MAX放置なのでHR大量生産
07:○対CPUSB:13-3:○成瀬-石井。草野が爆発。堂上直も初ヒット&初打点
08:○対ASM:6-0:○岸-S小野寺。闘2戦力1992。5回にボコボコにしたらCPU落ち。
09:○対ASSB:9-0:○大隣完封。3段戦力2019。メモリの読みもコースも読みがずばり当たって快勝
10:○対混F:4-0:○増渕-S星野。6段戦力1965。ちょっと逆サインでもヒットになるなど補正臭かった
11:○対ASF:15-2:○齊藤-山口。2段戦力1977。3回途中でCPU落ちしてきたので一気に突き放す。

8勝2敗1分
負け越していたトータルもいつの間にか119勝117敗26分と微妙な勝ち越しに。

今季は10973ptsでほぼAクラス確定したのであす以降やるかどうか微妙。
それにしても負けてる時は戦力値も段位もえらく離れて高いというのに、勝っているときは弱い者いじめ。
同じくらいの段位と戦力値の相手と連戦してみたいと思うんだが・・・

―――――――――キリトリ――――――――――

相変わらずGR涌井引けません。店にも売っていませんでしたorz
気が付いたら5.5SP藤田も引いてないや(^^;;

8Lvになったし欲しいと言えば欲しいな・・・

リアルでも打撃開眼? なかなかスタメンで使ってもらえなかったけど腐らず頑張った結果、3割越えのまま後半戦へ行けそうだし、なんといっても得点圏打率4割を超えているのは頼もしい。

しかし、これだけの成績を出してるのに「長打がない」だけで使わない阿呆な首脳陣はどうなんだろうね?
で、これだけの成績でも規定打席に到達してないとミート16にもならないんだろうな・・・orz

ではまた。
posted by めぐり at 00:33| Comment(13) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

2か月も放置とは何をしているんだぁ!!

再び放置してすいませんm(_ _)m
忙しさにかまけて書かなかったらすっかり溜まっていました。

そして気が付いたら・・・


負け越してるーーーーー!!


その後のBBH杯でやや持ち直していますが果たして・・・

―――――――――キリトリ――――――――――
<4月>
WBC杯の結果。
114位/1450人
14個貰って闘将2段へ

成長
8Lv:銀仁朗
7Lv:金城、大隣
6Lv:高井、中里、石井、岩瀬、江川、横川

4勝4敗
但し、対人戦限れば2勝4敗
ほとんどの試合で逆サインでヒットになっていました。
この後、PUVerのカードを掘ることが多く試合はしていません。

―――――――――キリトリ――――――――――
<5月上期>
連休中に試合に復帰するも惨敗続き・・・

5勝14敗1分
この辺りはほぼすべての試合にビッグイニングで大量失点というパターンばかりでした。
こちらはほおっておいても全く点にならず、サイン攻めしてもまったくダメでストレスがたまりました。

―――――――――キリトリ――――――――――
<5月下期>
モチベーションがダダ下がって試合数が激減。
打つとその分ノーサインですら点を取られるという悪いパターンばかり・・・

4勝5敗
勝った試合は逆サインでタイムリーが多い。
もしかしてサインの相性逆なのか?と思うくらいだ。
あるいは逆サインでタイムリーが出たりする場合って投手の調子が悪いのかな??

ちなみにBBH杯予選は
3勝2敗で勝ち越しB決勝へ

―――――――――キリトリ――――――――――
<6月上期>
BBH杯B決勝へ
6勝4敗1分

実はVSサヨナラが3回もあったりして(^^;;
ちょっと体調が悪いことも多く、結局合計16試合しかしませんでした。
そのためLv上昇した選手は二人だけ。
7Lvに山口がなったのと8Lvに藤田がなっただけ。
早く藤田のSPが欲しいのぉ・・・

レギュラーリーグ
4勝1敗1分

初戦こそ知将王にうまく切り抜けられてしまい先発齊藤の力投をフイにしてしましましたが、他の試合はまずまず良い結果を得られました。
が、5試合目の試合はとても変な試合でした。

珍しくハイライト
05:○対純SB:6-2:○大隣-山口-星野-小野寺-岩瀬。
相手の先発も大隣
先制は珍しい展開。
3回2OUT1-2塁で逆サインでショート後方にフラフラと打球が上がりもはやこれまで、という雰囲気。

と!


マークが出て川崎が落球!! 

タイムリーエラーなんて久しぶりに見た

次の回、1OUT1塁からこちらもサードの草野が大暴投。1OUT2-3塁。
続くVSも四球となるも相手のサイン攻めを激励勝負で凌ぎきって点を与えなかったのが大きかった。

5回に金城2点タイムリー、草野のゴロの間に1点。
6回にはブランコのインロー流し打ちから2点取って安全圏へ

この試合もエラく逆サインでヒットが出ました。ちょっと悪い気がしますね・・・

―――――――――キリトリ――――――――――
PUVはGR涌井以外欲しいカードが揃いました。
しかし、最後に残った壁が一番高い・・・

―――――――――キリトリ――――――――――
オーナーズリーグ。はまってます。
オーナー名:めぐり、で既に4回目のリーグ主催してます。

9BOX分くらい買ってます(苦笑)

主催リーグは低コストです。現在90ptsですからかなりの低コストリーグです。
勝負は白黒の選手がどうやって打つのか守るのかにかかっているわけで高コストとは違った意味で手に汗握ります。

―――――――――キリトリ――――――――――

そしてCard-GENもやってます。
とは言え新宿に行かないと遊べないので機会は少ないのですが。

MLBのゲームなのでちょっとイメージが新鮮で楽しいです。
そしてBBHに比べて楽。(緊張する場面が少ない)

さらに演出が多い! エンターテインメントとしてBBHより上だと思います。

その代わり自分でコントロールできない勝敗も結構ありますのでシビアな勝負を期待する人には向かないと思います。
カードもむき出しで排出されるのでちょっと品質的には疑問符が付きますがカードのデキは結構良いと思います。使ってる写真しだいではありますが。


ではまた。
posted by めぐり at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

放置してすいませんm(_ _)m

全然やっていない、わけではなく。
それなりにやっていましたが・・・


対人戦で全く勝てないんだよーーーー!!(魂の叫び)


いやホントに。
ああ、でも「WBCモード」は勝てましたよぉ・・・

ってわけで書くべき成績がエラクたまっているので結果のみで。

―――――――――キリトリ――――――――――
CS1:対CPU楽:7-0 大隣完封
CS2:対闘3純M:0-1 初回のゴロ間の1失点で負け 負け投手:成瀬

<2月上期>
4勝7敗7分
ちなみに対人戦は7敗7分
―――――――――キリトリ――――――――――
<2月下期>
・BBH杯予選
5勝7敗2分
最終戦で闘将王に1-0で勝って良いイメージで終了。ギリギリでB決勝に。

・BBH杯B決勝
6勝8敗
メモリを読み切っても全く打てない試合が続いて5連敗で終了。
後味最悪でした(^^;;
もはや育成部分だけのために頑張った感じがありあり。


―――――――――キリトリ――――――――――
<3月上期>
・BBH杯B決勝の結果:1062位
・成長
6Lv:山口、長田、小野寺、内村
7Lv:齊藤、嶋、ブランコ、栗山、平野、藤井、平田

2勝8敗2分
どうみてもミート寄りのみなのにインハイをセンター返しで連打が止まらなかったり、VSで明らかにタイミングのバーがかけ離れているのに「惜しい!」となり緑枠がかすっただけで川崎に右中間のフェンス際まで運ばれるとか気持ちの悪い現象が多発してゲンナリ。


ちょうどこのころ「オーナーズリーグ」の噂を聞いて本気で移行を考える。


―――――――――キリトリ――――――――――
<3月下期>
・最強決定戦予選(チームはプエルトリコ)
7勝2敗1分
午前1時までやって880名余の中で77位だったのでA決勝余裕だろうと高をくくっていました


甘かった


翌日の結果をみると・・・
950名程度の中で100位程度まで落ちてB決勝へ・・・ウワァァァァン

午前2時から午前5時までに50人以上やって30人以上が3連勝してるわけかよ。CPU戦3連勝を狙ってる廃人がそんなにいるとは思いませんでした。


初戦に初めて煽り厨という輩と対戦。
大敗(3-12)したので余計印象が悪いのですが、あれって「リアルで知人だったら縁を切る」と思わせるものがありますね。品性の欠片もないような人とツルンでるなんて恥そのものですから。

勝てなかったのでカッコワルイんですけどね・・・

もちろん記録は残します。
監督名を晒すつもりはないですが次回対戦したら無視します。


・最強決定戦B決勝
8勝2敗1分

暫定順位:112位

最終戦、なんとB決勝1位の監督と対戦。この対戦は劇的展開に。
相手の先発はダルビッシュ。こちらはエース、バスケス。

実は3連投(苦笑)
しょうがないんだよ。だって対人戦はバスケス以外勝てないんだから
そして実は前の2試合は80球台で2完封してます

なにそれって思いますよね?

でこの試合。
初回に失点するもその後は粘りのピッチング。というか球数すくねぇ・・・

そして9回表。
2番アビレスがノーサインソロ。さらに2アウトからパッジ(イバン・ロドリゲスの愛称)にVS

読み切ってドンピシャソロ!!

その裏もなんとバスケスが抑えて3試合連続で完投。信じらんねぇ・・・

「たいしたもんだ」の賞賛を頂きまして大満足でWBCモードからお別れです。

―――――――――キリトリ――――――――――
さて、そろそろパワーアップバージョンの話題が出始めています。
手元にはゲームジャパンがありますが・・・

大変だ!!

私のチームのメンバー3人がFSだ!!





なんだこりゃ!!
ぜんぜん数値に変化ないぞ!!!orz



ユーザーなめすぎ(笑)

―――――――――キリトリ――――――――――
オーナーズリーグ。やってます。
オーナー名:めぐり、で探せば居ますよ。

4BOX買ってトレードをしたことでかなりチームの完成度は高いです。
とはいえ、このゲームも

レア満載のほうが強い

という欠点をもっています。
でもBBHと異なってリーグを開催するときにコスト制限を設けられます。

そのおかげでBBHに比べ接戦が多くなって楽しいです。
もちろん試合を見てると3点負けてる9回裏に送りバントしてみたりと采配はアホですが・・・

白黒だったらかなり余りが出てきているのでトレードも可能です。


ではまた。
posted by めぐり at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

英雄杯!!??

前期、かなりの好成績だったのでCSへ
しかし、覇者になってからのCSの成績は惨憺たるもの。


ていうかCPUが強すぎる・・・


というわけでCSから
―――――――――キリトリ――――――――――
CS1:CPUSB
先発はこちらが涌井、相手は巽

5回に藤田とブランコのタイムリーで3点先行するも
7回に突如涌井が崩れて追いつかれてそのまま・・・

また初戦敗退ですか・・・

△3-3

―――――――――キリトリ――――――――――

続いて1月下期のダイジェストを。

01:○対ASSB:1-0:○大隣完封。9段戦力2059。9回裏に宮出のサヨナラVSタイムリー!!
02:○対ASF:2-1:○増渕-小野寺-S岩瀬。大闘戦力2113。赤松先制ソロと金城VSタイムリーで逃げ切り
03:○対混SB:5-0:○成瀬完封。初段戦力1882。赤松が連続の殊勲打
04:○対ASM:2-0:○岸完封。4段戦力2009。意外な二人の活躍で勝利
05:○対CPUF:7-0:○涌井完封。下位打線特に藤田の活躍で快勝
06:×対ASF:1-5:×大隣-長田-岩瀬。闘1戦力2117。コンピッチを2回ツーランうたれりゃ負けだ
07:○対CPUF:3-0:○齊藤完封。藤井の活躍で勝利。そして齊藤のピンチミッション達成
08:×対CPUF:1-2:×増渕-星野-小野寺。ポロリから一塁が後逸して万事休す
09:×対ASSB:1-6:×涌井-石井-中里-岩瀬。闘2戦力2043。メモリ合っててもパターン
10:○対CPUSB:3-0:○岸完封。金城先制タイムリー

今回は7勝3敗で勝ち越し。トータル62勝47勝4分
それにしてもCPUが多いなぁ・・・

そしてまた8659ptsもあるのでまたもCS進出が決定。しかしまあ、なんだ勝てそうもないけどね。

ちなみに闘将2段へ昇段しました。

―――――――――キリトリ――――――――――
続いてハイライトは少なめに。

2戦目、相手の先発はダルビッシュ
2回、2OUTから赤松がドーンとソロスタート

明らかにパワーピッチなのにヒットが出ない。
しかし、5回に先頭の栗山がレフト前にヒット。続く荒木は調子が悪いのでバント。
そして金城でVS!ちょこっと触れただけでしたが内野の頭を越えてタイムリー。

1点を失うものの、先発の増渕は6回1失点と役割を果たして、小野寺と岩瀬の盤石リレーで勝ち


4戦目、相手の先発は岩隈
この試合の相手もやはりパワーピッチばかりでした。

テンプレは7割がオート以上しか使わないですね。

5回に嶋がタイムリー、そして8回には内村が見事に、そしてかなり珍しいタイムリーで追加点

岸は7Lvになってから上向きで完封勝利

--------------------------キリトリ----------------------------
そしてWBC最強決定戦

予選は・・・
01:×対CPUパナマ:2-3:×ダル。ホントに打てませんでした。
02:×対闘将3日本 :1-2:×岩隈。この試合で大会の欠点を理解する
03:---対CPUキューバ:カード登録なしなので途中終了。記録なし
04:○対名将3メキシコ:9-4:ダル-○山口-S杉内。8回にCPU落ち
05:△対3段日本:3-3:ダル-涌井-山口-渡辺。終盤にVSで追いつかれるorz

決勝
01:△対大名将日本 :3-3:先発バスケス。4回にVSツーランで追いつかれてコンキャン・・・
02:○対CPUオランダ:3-1:先発バスケス。相手の内野がザルすぎる・・・
03:○対CPUコリア :5-3:先発サンチェス。5-0から追い上げられてバスケスに継投
04:○対CPUオランダ:1-0:先発バスケス。ベルトラン激励タイムリー
05:○対勇将1日本 :1-0:先発サンチェス。4回コンキャンそしてベルトラン激励タイムリー

予選時間が足りず結局C決勝へ
もうちょっと時間使ってB決勝に行きたかった・・・

最終戦で対戦した相手はC決勝優勝者でした。でNCのみの日本でプレーしていました。
NCのみで50試合以上やるってのは凄い根性だと思います。ありえねぇ・・・





で、なんでも、経験値ボーナスが入るそうで。もっとやっておけばよかった・・・



ではまた。
posted by めぐり at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

英雄杯はまだか!?

少しずつですが全体的にダレ気味ですね。
参加者自体は余り減っていないんですが、やり込む人が少なくなった気がします。

そろそろ盛り上げるために英雄杯を開いてほしいと思います。


ああ、いやWBCモードじゃなくて、ペナントでね!!



投高打低に嫌気がしている人が多いそうですが、私は現在の仕様は気に入っています。メンバー的に見て平均的にチーム打率が.230前後、チーム防御率が2点台中盤〜後半というのは当たり前ですし。

同じ程度の戦力値同士の対戦ならこの辺りになるのが当たり前でしょ?何がいやなの?と。

今までが異常だったと思いますけどねー


私のほうは調子が良ければチーム打率が.260程度、防御率が1点台になります。
今季がそんな感じです。

――――――――――――キリトリ――――――――――――――
CS進出しましたが微妙な成績だったので自信ないです・・・

CS1:純F 戦力値1912
先発はこちら岸と相手藤井
初回から田中賢に安打を許しあっという間に失点。

その後もどのメモリでも打たれる打たれる(^^;;

VS被弾もあり大敗。久々の大量失点でした。
予想通りとはいえ酷い有様でした。

×2-11 勝利投手:藤井  敗戦投手:岸

縁起悪いことに年明け一戦目はボロ負けでした。

――――――――――――キリトリ――――――――――――――

続いて1月上期のダイジェストを。

01:○対混F:7-1:○齊藤-星野-山口。闘4戦力1987。3回に逆転するとその後は一方的
02:○対混F:6-1:○成瀬完投。5段戦力1957。草野のツーランで逆転してそのまま
03:○対ASM:2-1:○大隣-小野寺-S岩瀬。闘1戦力2013。7回に代打堂上剛が逆転2点タイムリー
04:×対AS楽:1-3:×涌井-長田。2段戦力2048。坂本にオートをスリーランされる
05:×対混SB:0-1:岸-×星-小野寺。大闘戦力1945。VSで1失点だけだったが打てなさすぎ
06:△対 純SB:1-1:増渕-長田-中里-星野。初段戦力1944。9回裏の賭けごとに負けて引き分け
07:×対純M:0-1:×齊藤-星野-小野寺-岩瀬。闘1戦力1966。激励ポテン負け。
08:○対混SB:4-0:○成瀬完封。闘1戦力2011。5回堂上ポテンタイムリーで先制
09:×対ASSB:0-2:×高井-中里。4段戦力2001。メモリが合っていても前に飛ばない・・・
10:○対準M:4-1:○大隣完投。闘6戦力1944。6回に一気に逆転してそのまま
11:△対準SB:1-1:増渕-長田-小野寺-星野-山口。初段戦力1979。負けなくてラッキー
12:○対純SB:3-0:○齊藤-S星野。闘4戦力1941。5回銀仁朗ソロで先制
13:○対ASSB:5-4:成瀬-○石井-長田-S岩瀬。9段戦力2023。4回のピンチをVS3三振!
14:○対CPUSB:8-0:○増渕-星野-山口。初回からコツコツと打点を稼ぐ
15:○対混BS:3-1:○大隣-S岩瀬。闘1戦力1921。8回にCPU落ちするとかナイワ!!
16:×対準M:0-2:×岸-長田-星野。名4戦力1973。悪いけどキャンセル中とは再戦お断り
17:○対ASM:2-1:○涌井-S岩瀬。初段戦力1998。2回の藤田の犠飛で怒りアイコン??

18:○対ASSB:3-0:○成瀬完封。初段戦力2014。先発3人?!
19:△対純M:1-1:増渕-小野寺-石井-星野。豪6戦力1904。3回に栗山のソロで追いつく
20:×対ASM:1-4:×齊藤-星野。3段戦力2017。メモリ合っていてもヒットにならないパターン
21:○対ASSB:6-0:○涌井-星野-岩瀬。4段戦力2041。9回に草野がダメ押しVSツーラン
22:○対純M:3-1:○大隣-星野-S中里。闘2戦力1921。初回と9回に相手からのVSで得点
23:○対準M:1-0:○成瀬完封。豪6戦力1945。4回に押し出しで先制してそのまま
24:○対ASF:3-0:○岸-小野寺-S岩瀬。闘2戦力1945。2回に堂上のツーランで先制
25:×対AS楽:0-11:×齊藤-小野寺。闘5戦力2048。コンピッチをスリーランなどやられ放題
26:△対純F:2-2:増渕-小野寺-長田-岩瀬。3段戦力1934。岩瀬、初のセーブ失敗

今回は15勝7敗4分で勝ち越し。トータル55勝44敗8分
8345ptsなのでCS進出はほぼ決定。

また3連勝が複数回あった影響で闘将に返り咲きしました。

―――――――――キリトリ――――――――――
続いてハイライトは少なめに。

2戦目、相手の先発は多田野
なんと登録されている先発がたった4人のチーム
二軍送りを利用しているんだろうか?

初回に1失点するも、パターンを読み切って6回草野がツーランで逆転。
その回さらに嶋がポテンタイムリー、藤田までもタイムリーで一気に突き放す。
締めは9回に代打金城がVS 2点タイムリーと逆転の目を摘んで成瀬完投勝利


5戦目、相手の先発は大隣
久々の大熱戦、そして好試合。
チャンスを迎えての、お互い激励は空振り。VSも読みを外し続ける。

緊迫の投手戦。

しかし、8回。
スタミナが黄色になってからも粘っていた岸から星野にスイッチすると・・・

四球とポテンヒットで1OUT1-2塁となってしまい小野寺へスイッチ。
しかしここで相手のラストVS。

今度は多分おっぴろげだろうと読み切ってはいましたが、残念ながらかすった打球は野手の間にポトリ
やはりチャンス4の選手のVSカスリはタイムリーになりやすい・・・

9回ワンチャンスで逆転もあったんですがこれまた残念ながらVS負け。

惜しかった。。。


13戦目、相手の先発は新垣
2回にコンピッチを明らかにHR狙いの松中にノーサインスリーランを喰らう
しかし続く3回表に1-2塁から金城に引っ張りでタイムリーが出ると続くブランコにもサイン攻め。

オートに近いコンピッチでヒット打ったので今度はコンMAXかパワーピッチで外角低めと読み

強振MAX流し打ち

ドンピシャで同点ツーラン!!

さらに4回に下位打線への三振狙いを狙い打って藤田が逆転タイムリー。

ところが全く安定性のない成瀬。4回になんとノーアウト満塁のピンチを招く。
ここで開き直ってVS3連続勝負!!

3三振!!

ここで凌ぐと同点となった6回途中から石井がリリーフして8回に満塁から銀仁朗のボテボテのゴロの間に決勝点が生まれ、これを長田と岩瀬が凌ぎきって逆転勝利!!


15戦目、相手の先発は鈴木啓二!
しかしいきなり初回、宮出と平野がタイムリーを打って2点先制。
4回にタイムリーで1返されて雲行きが怪しくなるも、7回ブランコが激励タイムリーで引き離すと・・・

8回CPU落ち

えええええ?!
そこまでして鈴木啓二に負けをつけたくないか?ありえなくない??


ま、いいけどさ・・・


16戦目、相手の先発は唐川
相手の4番ブランコは別のブランコのつもりだったのかな?
そのブランコに2本のタイムリーを許して負け。
試合自体はそこそこ楽しめました。

でもね。

こちらのサイン攻めに対して一切指示なしってのを延々と繰り返されたのでもう二度と相手したくないです。
いわゆる「駆け引きなんてしません」ていう人とは対戦はしたくないんです。ホント悪いけど。


22戦目、相手の先発は小野
この試合の相手の人はなかなか勝負師。

初回1OUT2-3塁で4番ブランコ。 となんと相手からVS勝負!
これを綺麗にはじき返すことに成功して2点先制。

その後1点返された9回。
また1OUT1-3塁となってサイン攻めに行こうとすると・・・またも相手からVS勝負!!

しかしこれまた綺麗にはじき返してダメ押し追加点。

相手のVSのみ勝ちました。
ちょっと悪かったがなかなか面白かったです。ホントに運が良かったです。


最終戦、相手の先発は八木
先制は初回。4番に入った宮出がタイムリー!!
打率たったの.216だったのですが、実は対左だけ.367にして得点圏.340という隠れ強打者なんです。
先発が左でよかった・・・

その後相手が5人の継投をしてくるんですが八木が投げていた間に3安打2打点と打率を稼ぎました。
投手陣も4回に満塁をVSゴロで逃げ切った!と思ったらまだ1OUTで1失点とか馬鹿な事をしながらもなんとか大量失点を防ぎきって9回へ。

1点リードで9回ならこの人。
これまで37試合、34回2/3を無失点、シーズンがすでに2/3終わっているのに防御率0.00という絶対的な守護神
岩瀬で締めに行く。

しかし2OUTから警戒をしなければいけないエンドランを忘れていて同点に・・・
とうとう失点。そして初のセーブ失敗・・・惜しい・・・防御率0.25になってしまいました・・・

まあショウガナイネ!


---------------------------キリトリ-------------------------------

さらにその後もランクアップが進む我がチーム。

平野と藤田が7Lvになりました。
さらに平田が6Lvになりました。

残念ながら平野は守備位置の適性が向上しませんでした。
そのため平田と交代させてその結果として平田が6Lvになりました。

その平田ですが、なんか前よりも守備が良くなったような気がします。
これは抜けたか?と思ったような打球に追いつく平田を見ると赤松だったけ?と思う事がたびたびです。

しばらくはセンターで平田を使ってみようと思います。
平田が7Lvになったら江川かな?

ではまた。
posted by めぐり at 12:05| Comment(7) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ライバル登録って

したことないんですよ。
とりあえず私の番号をさらしてみましょうか。

104749715

らしいです。

もしご希望があればライバル登録してみようかと思います。
よろしく〜〜
posted by めぐり at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!!

昨年中はお世話になりました。今年もこんなBlogですがどうぞよろしく〜〜

今年は厄年でもあり、また仕事でも大きな変化があるはずなので、非常に大変な一年になりそうです。
もしかしたらこのBlogを続けられなくなる可能性もあります。
まあ、今から心配しても何も始まらないから気楽に続けることにします。

―――――――――キリトリ――――――――――
前期はボロボロだったのでCS進出はできませんでした。

というわけで12月下期のダイジェストを。

01:○対CPUM:1-0:○大隣完封。4回の草野のVSタイムリーが隅イチ
02:○対ASBS:6-5:増渕-中里他3人-○岩瀬。闘王戦力2096。栗山が逆転サヨナラタイムリー!!
03:○対ASSB:5-1:○齊藤-山口。6段戦力1982。先制されるも激励タイムリーから逆転
04:○対ASF:1-0:○涌井-S岩瀬。勇1戦力2093。5回に草野のソロが隅イチに
05:○対ASSB:5-1:○岸完投。3段戦力2108。先制されるも相手VSを嶋がスリーランで逆転!
06:×対 ASF:0-4:×大隣-中里-石井-小野寺。9段戦力2076。4回に張本の逆サインタイムリーから4失点
07:○対混楽:5-1:○成瀬完投。3段戦力1927。銀とブランコのソロで逆転して勝利
08:×対ASSB:3-7:×涌井-小野寺-山口。6段戦力2062。メモリ関係なく打たれ放題
09:×対ASM:0-1:×岸-小野寺-山口。闘1戦力2078。割とネットでは有名らしい監督らしい
10:×対混楽:1-5:×齊藤-小野寺-長田。初段戦力1975。坂本に連続HR打たれる。
11:×対ASM:0-2:×増渕-山口-岩瀬。闘9戦力2080。判っていても打てない症候群・・・
12:○対AS楽:7-1: ○大隣-小野寺-山口-石井。闘4戦力2119。メモリを読み切って完勝

今回は7勝5敗で勝ち越し。トータル40勝36敗4分
僅かに勝ち越しした上に5連勝の影響でAクラス確定。全く不思議なのですがCS進出がこれで3回目となります。新年最初の戦いはCSとなります。

また5連勝の影響もあって闘将初段に返り咲きしました。
ちなみに今季の監督スキルは「鉄壁」でした。

―――――――――キリトリ――――――――――
続いてハイライトは少なめに。

2戦目、相手の先発はダルビッシュ
2回、銀仁朗が驚きのスリーランスタート
3回には1失点するも栗山がソロで突き放しこのままいけば久々のブチの勝利か
と思われた5回。


VSで逆転のグランドスラムを打たれるorz


その後試合は双方リリーフを大量投入して膠着。
このまま終わるかに見えた9回裏。相手の投手は永川

先頭に激励で出塁させてバント警戒を引っ張ってノーアウト1-2塁。
ここで相手からのVS勝負。右上を狙うも相手は左下ギリギリ。

何故か四球


思うんですが、VS四球もメモリが同じ時に発生する傾向が強いように思います。
逆に言うとおっぴろげにははみ出してもセーフになるんじゃないかと・・・
試してないんですけどね!!

まあ、それはさておきノーアウト満塁に。投手をイムに交代してきます。

再びVS勝負に来るのかと思いきや来なかったのでそのままサイン攻めで。

もはや犠飛でもHRでもほぼ同じ展開になったわけで、それならまず間違いなく三振狙いだろう、さらに流し打ちを持っている栗山にならインコースはほぼ決定的でしょう。

ってわけで強振MAX引っ張り勝負。

ドンピシャでライト線を抜ける2点逆転サヨナラタイムリー!!


5戦目、相手の先発は清水
初回、ツーアウトから2安打で1失点としまらないスタート。
しかし、2回ノーアウト1-2塁 8番嶋の場面で相手からのVS勝負。おっといきなりか。

これをドンピシャスリーラン!!

さらに3回に藤井に激励タイムリーが出ると4回にコンティニューキャンセル。
あきらめが早いですね(^^;;

6回にブランコが久々のソロを打ちこんでそのまま岸が完投勝利。


7戦目、相手の先発は田中将
3回にセンター返しのみで1失点するもその裏すぐさま銀仁朗がソロで同点に。

さらに4回に三振狙いばっかりなのでブランコはオートだろと予想するとこれがなんとソロに。
その後2OUTから9番藤田が三振狙いを綺麗にライト線へタイムリー。

続く5回にもブランコのタイムリーと藤井の犠飛で追加点を取るとあとは絶好調の成瀬にお任せで快勝。


12戦目、相手の先発はダルビッシュ
2回にノーアウトで先制されるも後続を開き直ってVSで凌ぎきる。
一歩間違えば惨敗もありうる展開だったがこれが奏功したのか、

3回栗山のタイムリーで追いつくと5回に赤松の激励タイムリーで逆転。
さらに続く草野が犠飛。そしてツーアウトから逆サインながら三振狙いだったのか強振で堂上がタイムリー。

実は5回まで毎回先頭打者を出すほど大隣が不安定だったのをVSをすべて使い切るほどの力技で1点に抑えることに成功。継投すると一気に試合が落ち着きそのまま逃げ切り勝利。
8回の相手からのVSを平野がスリーランしたのはおまけ。

---------------------------キリトリ----------------------------

経験値の補充の影響でその後もランクアップが進む我がチーム。

岸、銀仁朗、赤松が7Lvになりました。

また、ほぼスタメン固定化したブランコと藤井は早々に5Lvになりました。
現在では内村も5Lvに到達しているのでこの時点で全員5Lv以上になりました!!
(あとは星野が6Lvになっています)

7Lvになった3人はかなり影響が大きいです。

負け越していた岸は不安定ながらも防御率は2点台にしてイーブンに。
銀仁朗も捕手Bは感慨深いものがあります。

そしてなんといっても赤松のセンターA
抜けそうな当たりの球を一気に追いついて取る光景は凄いものがありますね。

これで我がチームのセンターラインの守備力は相当のものになったと思います。

ではまた。
posted by めぐり at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

メリ〜クリスマス!!

クリスマスの約束2009を見ながら、歌いながら書いてます。
毎年恒例だけど良いね。これ。
「22‘50」良いね〜最高

―――――――――キリトリ――――――――――
前期そこそこの成績だった為CS進出が決定的だったのですが、なかなか時間が作れませんでした。
ここ2週間でたった15試合(うちCSなど5試合)でした。

今週以降もあまり時間がとれません。そこは年末進行中って事で。
会社でいろいろと問題があってストレスで体調が良くないのも影響しています。

というわけでCSから
―――――――――キリトリ――――――――――
CS1:CPUM
先発は成瀬と大嶺
今期絶好調の成瀬が完封で勝利。
打線は初回のブランコのツーランと5回草野のVSタイムリーだけの貧打でしたがなんとか勝てました。

成瀬さまさま

○3-0 勝利投手:成瀬  敗戦投手:大嶺


CS2:AS楽天
闘将5段戦力2159

先発は岸と涌井
とりあえず相手は屑中の屑と断言。
サインはキャンセルと進塁打中心の上、チャットは煽りばかり、何が面白いのかわかりません。

コンピッチを2本もツーラン(共に小笠原)、しかも片方が確定という酷さ。
ちなみに当然のように両方ともサインキャンセルでした。

とはいえ、それ以外の失点を抑え終盤逆襲。

7回に平野が激励2点タイムリー
8回にブランコがメモリを読み切って逆サインをタイムリー。さらにVSで赤松が驚きの逆転スリーラン!

あーーーすっきりした!!

○6-4 勝利投手:星野 セーブ:岩瀬 敗戦投手:藤川


続いて日本シリーズ

NS1:CPUC
先発は大隣と大竹
初回藤井がソロで先制。さらに8回に赤松が2点タイムリーで点差を広げる。

ところが8回裏に突然大隣が崩れる。いきなり死四球2つなどでノーアウト満塁。
そこから中里と山口と岩瀬が一人ずつ片付けて勝利。

○3-1 勝利投手:大隣 セーブ:岩瀬


NS2:CPUYB
先発は成瀬とウォーランド
3回に3失点して先制されるが、4回に赤松が激励タイムリー。
これは勝てるか?
6回裏に栗山がVSタイムリーで1点差。

ところが7回表に藤田にソロをぶち込まれる。こ、これは・・・やばい・・・


粘りに粘って9回裏に栗山のタイムリーで同点まで追いつくも、ツーアウト1-2塁から草野の打順で迷った末にVSを選択しなかったのが運のつきか、そのままドロー。

痛恨の采配ミスでした。

△4-4


NS3:CPUD
先発は無理して岸と山井

初回にいきなり荒木にソロを打たれると2回にはエラー四球を絡めて2失点。
3回に栗山の同点タイムリーで追いつくも

8回裏にポテン→ポテン→コンピッチをスリーランで死亡

●3-6 敗戦投手:小野寺 (スリーランを打たれたのは山口君でした・・・)

―――――――――キリトリ――――――――――

続いて12月上期のダイジェストを。

01:×対ASSB:0-3:×増渕-中里-小野寺。初段戦力1986。全くメモリわからず完敗
02:×対純SB:0-3:×齊藤-中里他4人。3段戦力1952。9回VSタイムリーと思ったら・・・
03:×対AS気味D:1-3:×涌井-星野-長田。闘3戦力1974。5回に3失点。全部VS勝負すれば良かった
04:○対ASC:3-2:○成瀬-S岩瀬。闘2戦力2054。パワーMAXばかりならHR出るさ、そりゃ
05:×対AS楽:1-3:×大隣-星野-小野寺-岩瀬。闘1戦力2032。激励から失点するとズルズルと3失点
06:○対 混T:3-0:○岸-S長田。9段戦力1938。復活気味の岸が好投。長田が2回を完ぺき
07:○対CPU楽:1-0:○増渕-石井-S山口。6回の藤井のソロが隅イチ
08:×対準G:3-6:×涌井-星野-長田-山口。闘1戦力1883。ポテンヒットが止められず悲惨
09:×対純T:3-7:×齊藤-長田-石井。初段戦力1972。初回に6四死球とかふざけんな。
10:○対純F:3-2:○成瀬-星野-S長田。9段戦力1923。8回に赤松のソロで逆転勝利

今回は4勝6敗で負け越し。トータル33勝31勝4分
CSと日本シリーズがなければ完全に勝ち星がイーブンに。

しかもとうとう9段に降格・・・
(白星残りスタートなので綺麗に全部負け越し3連続なんでしょうがないっす)


―――――――――キリトリ――――――――――
続いてハイライトは少なめに。

4戦目、相手の先発はルイス
初回、いきなり栗山がドーンとソロスタート

5回に内村が非常に珍しいタイムリー
6回にはブランコソロ

完全にパワーピッチMAXで放置。HR打たれたあとはちょっとメモリ下げるだけ。
それ采配ちゃうから。

9回に激励タイムリーなどで2点取られるものの最後は岩瀬が〆て勝利。


10戦目、相手の先発は吉川
成瀬は序盤に2失点。とは言えもっと取られてもしょうがない展開を凌ぎきってなので責められない。

それにしても本当に日ハムの打線は厳しい。
ほぼ毎回先頭打者が出る状況は辛すぎた。

しかし、6回に初のチャンスを迎えると赤松がタイムリー、そして宮出のゴロの間に同点に追いつくことに成功。
そして8回菊池から赤松がソロを叩き込んで勝ち越し、8回は星野、9回は岩瀬が抑えてギリギリ勝利。

-----------------------------------------キリトリ------------------------------------------------
コンマイ様の奇跡

経験値の補填により数人がLvが上がりました。
さらに数試合でさらにLvが上がる選手が出ました。

7Lv:涌井、荒木
6Lv:宮出、増渕、嶋、藤田、川端、栗山
5Lv:石井

思ったより多かったです。
影響が大きいのは宮出と嶋でした。逆に影響が大きかったのは荒木。

宮出の一塁Dと嶋の5.0黒への変更は良い意味で選択の幅と安定性が出て良かったです。
堂上剛が調子が悪いと一塁守る人がブランコというのはちょっと心配だったんですが、それが宮出でも良くなったのは良いことですし、銀仁朗と嶋が共に成長しやすいのは選択が楽になりました。

逆に荒木は4.5SPでも7Lvになるんなら5.0にしなくても良かったかな、と。
結果として打率は2割中盤から一気に2割を切っている現状を考えるとちょっと先走り過ぎたかも・・・と。
ちょっと後悔しましたが、まあ何が正解か、なんてことは1年通して遊ばないと判らないさ、と開き直ってみる。

ではまた。
posted by めぐり at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。