2010年08月12日

2010シーズン補強計画の巻き

10ロケテが終わり、シーズンも中盤を過ぎたので来期のチーム計画でもしてみましょう。

投手編

投手陣は変更がありそう。まずは先発から。
先発6番手の増渕がリリーフに回る事になると思います。交流戦前後の成績ならSPもと思うくらいなので過去最高の数値でカード化されるでしょうから文句無くリリーフに回ってもらおうと思います。それに伴って右先発枠が一つ空きますのでそこに誰を入れるかが問題となります。

候補は伊藤準(中)、今村(広島)のどちらかですね。

また、左腕は今年の成績が成瀬以外は目を覆いたくなるような状態です。7番手の先発として育成枠の今井が入っていますが、さらに雄星を入れるかも。カード次第ではありますが大隣と入れ替える可能性があります。西武分を補うと言う意味でも重要なので今井と入れ替える可能性もあります。

続いてリリーフ。
増渕がリリーフ登録されるはずなのでそれに伴って入れ替える予定です。
今年は活躍を期待した若手投手がリリーフで成績を出しています。特に序盤の辛島は出色の出来でした。だから辛島のカード化はかなり期待しています。カード化されなかったらショック。他に入るとしたら片山かな・・・

また、長田と増渕が勝利の方程式の一端を担い、山口もクローザーとして独り立ち。これら全員カード化の可能性があるので期待しています。というわけで入れ替える予定は・・・

IN:増渕←→OUT:中里
IN:辛島←→OUT:石井

多少なりとも若返りできるんじゃないかと思います。
増渕、辛島それと長田の能力にも影響されると思いますが、

IN:武隈←→OUT:星野

も考慮の対象となると思います。カード化されればですが。
それにしても先発で期待した若手投手がリリーフで活躍するケースが増えてるな・・・



野手編

来期の変更は少しになりそうです。理由は今年のペナントでは今まで以上に登録選手が活躍しているからです。

捕手:銀仁朗は残念な結果ですが、嶋はSP間違いナシの結果を出しています。この先3年はこの二人で十分だと思います。怪我による引退や有名になりすぎた場合のみ変更すると思います。

内野手:二遊間の人材は驚くほど多くの選手が活躍しています。荒木、平野、藤田、内村そして堂上直、最近は川端も。その代わり、草野、宮出そして今期から使っているブランコが大不振。つまり、来期の補強は一塁三塁となります。三塁は将来への布石と言う形になります。

候補は筒香と浅村です。

どちらかというと好みは浅村ですが補強ポイントとしては筒香の方が合っている様な気がします。
ただ、抹消対象は宮出になると思うのですが、戦力的には抜きたくない所なんですよねぇ・・・最も、リアルで宮出はやばいのでしょうがないかな。

一塁の控えは現在ライトに定着しつつある堂上剛か武内になりそうです。流石にいまさらT-岡田を入れるのはちょっとね。というかブランコ自体がちょっと心配。来年以降が見えないようなら横浜のハーパーを入れるのもいいのかも。真面目だしね。
二遊間は守備固めのために岩崎を入れたいと思っていましたが、今年の平野が好調なので来期入れ替えはなくなったかな。二遊間の選手の問題があるとすれば二塁手登録が多くなりすぎる可能性があることくらいです。


外野手:現在の外野レギュラーは赤松、金城、藤井+DH栗山というパターンがほぼ定着。しかし、現実にレギュラーなのは栗山一人という惨憺たる状態。赤松はともかく、金城の衰えの激しいし、藤井も練習態度が悪く逆鱗に触れレギュラー剥奪されて萎んでしまいましたし、この先どうなるか困った状態です。

メンバーが固定されてしまった原因は、平田、江川、横川の将来の大砲と期待している選手の不振が続いているためです。もともと大砲の少ないチーム編成なのでこの三人には期待しているのですが、困った事にさっぱり駄目ですね。高井が外野手登録されたので堂上剛、武内も入れるとこれまた7人が準レギュラーを争う形になります。
年齢的に江川、横川、高井は余り猶予が無いと思いますので来年の成績次第で(つまり再来期)が見切りとなると思います。みんな二軍ではそれなりの成績上げているんですけどね。

金城の代わりとなる即戦力選手が欲しいのですが、牧田は年齢が高いし、松本は中堅が定位置で赤松と被るので入れにくいのでなかなかね。5割ちょいの勝率の我がチームでは3番を抜くのは厳しいんですよね。
困ったなぁ・・・


posted by めぐり at 16:56| Comment(3) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

ライバル登録って

したことないんですよ。
とりあえず私の番号をさらしてみましょうか。

104749715

らしいです。

もしご希望があればライバル登録してみようかと思います。
よろしく〜〜
posted by めぐり at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

09覇者に向けたチーム編成

プロスピ6の攻略本を手に入れたので例によって例のごとく変換して見ましょう。
今年はプロスピ自体が序盤戦の影響を色濃く受けた内容なのでBBHのデータにより近いでしょう。

○先発
先発陣は現在のローテ投手がほぼ全員残留するが、左腕の成績が伸び悩んでおり、ここ数年は安定感のない構成に成りそう。今後期待している投手を多めにピックアップしておきます。


では先発のデータ変換してみましょう。
《右腕》
涌井【16-13-18-20-13】ク&左2、伸&切3、打球反応、ポーカー、球速不安定、回復4
→【16-14-19-20-13】伸4、切4、左3、回復5
岸 【15-14-15-16-11】伸3、切3、ク2、勝ち運、大舞台、四球→【15-15-16-18-12】切4、回復4
増渕【16-11-10-13-12】伸3、切1、対ラ2、強さ2、球速不安定→【17-12-14-15-12】伸5、切3、強さ3
--------------------------------------------------------
伊藤【15-11-14-10-10】伸2、切3→【15-12-16-12-13】伸4、切4、ベースカバー4:中日のルーキー
小熊【14-09-12-09-09】伸2、切2→【14-11-16-13-09】伸3、切3、リリース:同上。
樋口【14-10-10-09-09】伸3、切2、四球→【14-10-12-11-09】切3、対ラ4:中日の若手
甲斐【17-10-12-09-11】伸3、切2、スピン→【18-10-16-13-11】伸5、切3:オリックスのルーキー
今井【14-11-10-12-09】伸3、切2→【15-12-14-16-09】伸4、切3、回復4、スピン:広島の若手
木村【17-11-10-11-10】伸2、切3→【18-13-12-14-11】伸3、切4:西武の若手

《左腕》
成瀬【13-13-18-16-13】伸3、切3、ピ2、ポーカーフェイス→【13-14-19-16-14】伸4、切4
大隣【15-12-13-14-11】伸3、切3、ク2、スロー、打球反応→【16-12-14-16-11】ラ4
齊藤【14-12-14-13-11】伸2、切3、ピ4、左2、スピン、一発、四球→【14-13-17-13-10】伸3、切4
高井【16-13-09-12-12】伸3、切3、四球、球速不安定、→【18-13-09-14-12】切4、球速通常
那須野【14-14-11-12-11】伸3、切3、ピ2、左2、一発→【15-14-14-15-11】切4、ピ3、左3
------------------------------------------------------------------
片山【14-11-10-12-10】伸3、切2、強さ2、ク2→【16-13-15-14-10】伸4、切4、球速安定
松永【14-14-11-12-10】伸2、切3、四球→【14-15-14-14-10】伸3、切4
土屋【13-11-14-12-10】伸2、切1→【14-13-17-16-10】伸3、切3:ハムのルーキーにして松坂の後輩。
辛島【13-11-12-12-10】伸2、切2→【14-13-16-13-10】伸3、切3:楽天のルーキー。フォームに惚れた。
武隈【13-12-14-09-09】伸2、切1、スピン→【13-13-18-14-09】伸3、切3:西武の若手

右は3人+α。現状では今井、木村の可能性があるくらいですね。それに比べ左は大変。
一応成瀬、大隣、齋藤は確定ですが、3.0以前のカードが使えなくなると高井はリリーフに変更が確実なのでもう一人欲しくなりますね。リリーフ登録されそうな松永と辛島、カード化されなさそうな土屋、武隈となるとほぼ片山で確定しそうですが・・・将来を見越すなら土屋か武隈の先発カード化を期待しておきます。


○リリーフ
毎年のごとく言われるリリーフの高齢化。今年こそはと思ったら石井がコケて岩瀬の後継者も最初から探す事に。
やっぱ石井は空振りが取れる決め球が欲しいよね・・・
岩瀬はとうとう球威Cスタートと往年の活躍は見込めなくなっています。早く後継者を見つけなければ・・・
右は山口がリリーフに入ったので若返りも順調だと思います(全員20台なので元々若いけどね)
左の若返り案の一つとして森福と神内を入れていますが先発でピックアップした選手も居るので今の所積極的に入れ替えるつもりはありません。但し、那須野についてはリアルの状態が状態なので代わりの選手が出てくれば解雇もありえると思います。

《右腕》
小野寺【18-13-11-10-11】ク4、伸3、切3、ピ2、接戦→【19-13-12-10-11】ク4、伸4、接戦削
長田【14-12-14-10-12】伸3、切3、一発、四球→【14-12-16-10-12】変化なし
中里【15-10-10-09-14】ク1、伸3、切2、左2、四球、スピン、スロー→【16-11-10-09-16】伸4、切3、ラ4
山口【18-13-10-11-14】伸4、切2、スロー、強2、一発
→【19-13-12-11-15】伸5、切3、ピ5、強さ4、威圧感、一発消
---------------------------------------------------------

《左腕》
岩瀬【14-15-17-10-14】伸3、切3、ク4、強2、打球反応、威圧感、球速安定→【14-15-19-11-14】左4、強3
星野【12-14-12-09-13】伸2、切4、ピ4、四球→【12-15-13-09-13】変化なし
石井裕【15-13-14-11-11】伸3、切3、動揺、寸前→【15-13-14-11-11】伸3、切4、左4、動揺消、寸前消
-------------------------------------------------------------
森福【12-11-13-11-12】伸2、切3→【13-14-16-12-12】伸3、リリース
神内【15-13-12-11-10】伸3、切2、ク4、左4、強2→【15-13-13-12-10】ク5

○捕手
相変わらず銀仁朗と嶋の二人がメインです。役割も攻撃の銀仁朗、守備の嶋というのは変わらないかも。
3番手を考えるなら、今注目の大野、そして従来から気にしている銀次、中日の二番手になった小山あたりかな。

R:炭谷【11-09-12-15-14】バ2、盗2、リ2、守2→【16-14-12-15-14】PH、ブロック、守3、送4、リ3
R:嶋 【09-11-15-17-13】流し、守2、送4、リ3→【10-14-15-17-17】ブロック、送5、守3、リ4
--------------------------------------
R:大野【09-11-11-18-11】バ2、盗2、リ2、守2、左4→【13-15-12-18-14】ブロック、バ4、守3、送&リ4
L:銀次【09-11-12-14-09】守2、送2、リ2→【11-14-12-14-13】変化なし
R:小山【07-10-15-17-14】守&送1、内野安打、走4、左4、リ2→【07-13-15-17-15】守&送3、チ4

どちらにしても登録人数が増加しないと3人目はちょっと登録しにくいかも。
むしろ銀仁朗と嶋の09覇者のデータが気になる。

○内野
3.0より前のカードが使えなくなると宮出の弱体化が激しいので一塁の補強も考えないといけません。
アレックスの引退もあるので四番を任せられる人材となると難しいです。一応外人枠で右打ちと言う事でブランコを考えていますが、やや流動的です。
また、二塁の控えを早坂から内村にする予定です。リアルでの守備面を考えると早坂は心元ありませんからね。逆に打撃は早坂が徐々に開眼中なのですが・・・

また、去年から注目していた若手の伸び悩みが酷い事から、今後のチームの若返りを見据えて若手の選手を多めにチェックリスト的にUPしました。幾人かはTVでチェック済みですがもう少し見てみたい選手が多いです。

《一塁》
R:宮出【12-12-13-15-12】送2、守1→【14-14-13-15-12】変化なし
L:武内【11-15-12-12-13】代打、左2、送2、走4→【15-18-12-12-15】広角、チ4
L:堂上剛【12-10-13-17-12】送1、守2
→【17-12-13-17-13】逆境、サヨナラ、初球、LB、PH、送2、守3、左4
--------------------------------------------------------------
R:ブランコ【19-13-11-15-09】PH、初球、エラー、チ4、バ2、送1、守1
→【20-15-11-15-10】威圧感、チ5、送2、守2
R:栗原【15-17-13-12-12】PH、広角、初球、守2、送2→【17-19-13-12-13】チ4、守3
R:畠山【14-15-09-13-10】逆境、流し、守1→【16-16-09-13-10】AT、威圧感、広角、守2
L:ブラゼル【17-10-11-14-09】体当たり、PH、バ1、送2→【18-12-11-14-09】変化なし
L:岡田【12-09-12-12-09】送2、守1、バ2 →【18-14-12-12-11】守2
L:梅田【11-08-10-14-09】バ2、盗2、送2、守1 →【16-11-10-14-11】PH、守2

《二塁》
R:荒木【09-14-19-14-20】左4、盗5、走4、エラー、守4→【10-17-20-13-20】CM、チ4、走5
L:平野【09-12-16-16-20】左4、盗2、バ4、チ2、走4、守4、送2、ヘッスラ、内安→【変化なし】守備職人
S:早坂【07-10-19-11-13】盗4、バ2、ヘッスラ→【07-12-19-11-15】内安、盗4、走4
--------------------------------------------------------------
S:内村【08-13-18-14-15】内安、バ4、走4→【08-15-19-14-17】盗4、守4
R:岩崎達【06-11-18-14-13】走4→【08-13-18-14-18】CM、走5、盗5、守4
R:山崎【08-10-14-13-14】バ2、盗2→【11-16-14-13-16】CM、内安、バ4、送4、守4、走4

《遊撃》
L:藤田【09-12-16-15-17】バ4、送&守4、左2→【10-16-16-15-18】初球、流し、内野
L:川端【10-11-17-16-12】守2、代打→【14-16-17-16-17】守3、初球
-----------------------------------------------------------------
R:浅村【09-10-16-15-13】送&守2、バ2→【14-17-16-15-17】AH、送&守3
R:上本【06-08-17-12-13】バ2→【10-16-17-12-18】大舞台、チ4、内安、走5、盗4、バ3
R:大和【05-09-18-17-14】送2、守4、バ4→【06-13-18-17-19】送3、守5、走4、盗4、
L:原 【08-11-14-14-15】盗2、 →【09-13-14-14-19】送4、守4、バ4、チ4、固め
L:阿部【08-08-17-16-09】守1、送2→【10-17-17-17-14】AH、守3、送3
S:金子【09-11-15-12-12】→【11-14-15-12-15】走4
S:福田【07-07-14-13-10】送1、守2→【11-16-14-13-14】送2、守3、流し打ち
S:梶本【09-11-17-15-10】送&守1→【11-16-17-15-10】送2、CM
S:西村【08-09-14-15-16】走4→【10-11-16-16-17】守4

《三塁》
L:草野【13-16-12-13-13】AH、流し、代打、ヘッスラ、チ4、送&守2→【14-19-12-13-14】守3
R:堂上直【10-10-14-15-11】守2、送1→【16-19-15-16-15】LD、満塁、チ5、送&守3
---------------------------------------------------------------
L:西谷【08-11-14-11-14】送2、守1、バ4、盗塁2→【10-13-15-13-15】
L:坂 【07-12-16-13-13】左2、バ2→【08-18-16-13-14】流し
R:黒瀬【12-12-15-15-10】守1、送2、バ2、エラー→【15-16-15-15-12】守2
R:山本【10-11-17-12-12】守2、送2、バ2 →【12-13-17-12-12】変わらず
R:細谷【09-11-11-12-12】送2→【13-18-11-12-14】AH、LD、送3

打撃面の期待の新人は西武の浅村、福岡の福田、阪神の上本で、守備面で平野の後釜を期待しているのは西武の原、阪神の大和辺りになりそうです。草野の後釜は今の所、堂上直と江川とそのままかな?

○外野
とうとうアレックスが引退しました。レフトは複数の選手が出来ますから何とかなりそうですし、金城の後釜を狙って入れる予定の中日の藤井をレフトのスタメンに入れても良いでしょう。
BBH3より前のカードが使えなくなると、赤田と金城が弱体化します。そこで赤田の登録抹消を検討しています。現状でも赤松の控えとしてほとんど二軍暮らしですから、若手なり一塁手なりに席を譲っても良いかな、と。
4番打者不在のチーム状況になるので涙を呑んで赤田から打撃優位の選手へ登録変更しようと思います。

S:金城【11-12-16-18-18】送5、守4、盗2、逆境→【11-17-17-18-18】AH
R:赤松【12-12-20-18-15】バ4、チ2、左4→【12-14-20-18-17】盗4、LB
S:赤田【10-10-15-13-17】逆境、内安、初球、サヨナラ、チ2、バ2→【14-15-16-13-17】変化なし
L:栗山【13-15-15-13-11】内安、満塁、送&守2→【14-18-16-13-11】変化なし
R:江川【12-08-17-15-11】→【15-17-17-15-12】AT
L:横川【13-12-14-17-11】初球、送&守2→【14-14-14-17-13】AT、送3
R:平田【11-12-15-14-13】左2→【15-20-15-15-16】AH、威圧、広角、流し、チ&走&守4
--------------------------------------------------
S:藤井【12-16-18-20-13】LB、チ&左2→【14-18-18-20-13】初球、チ3
L:齋藤【09-09-12-13-09】バ&盗&守2、送1→【15-17-12-13-10】AH、送2
L:野本【10-14-15-14-13】チ4→【11-17-15-14-16】AH、流し、チ&走5、送&守4
L:松本【08-09-17-19-14】→【12-18-17-19-16】AH,CM、初球、盗&送4
L:橋本【07-09-16-18-10】守1、送2→【10-19-16-18-15】AH、CM、内安、LB、走4、送3、守2
R:牧田【09-12-16-19-16】LB→【10-14-16-20-17】送4
R:鈴木【08-10-18-19-10】守1→【13-17-18-19-12】守2、LB

アレックスの代わりに入る選手は多分藤井になると思います。将来的には金城の後釜にと考えていますし。
登録数に変更がないと無理っぽいですが、即戦力の若手なら野本か松本が良いと思います。プロスピのデータのままなら、打撃面では野本のほうが良いですが、守備は松本が良いでしょう。チームの構成上、江川や平田の成長が見込めないなら野本で、中心打者が順調なら松本という考え方になりそうです。
将来への投資なら鈴木、齋藤、橋本の誰かでしょう。最もこの3人はカード化されないと思いますが(^^;;
posted by めぐり at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

パワーアップするのかな?

少しずつ情報が出始めて、あと少しでPVが展開される事が確定になったので恒例のチーム補強計画を書いてみたいと思います。


投手編

先発陣には梃入れがある事がほぼ確定されていますが、残念ながらリリーフは不確定。
もしかしたら石井裕が黒カード化か?と噂がチラホラ。あれ?山口は?FSに期待しますかね・・・


○先発
まず確定なのが岸、そして可能性が高いのが大隣。追加されると思われるのは齊藤悠と片山。
なんと年齢的にも実績的にも大隣も齊藤も片山もFSになる可能性があります。

・・・嬉しい反面、集めるのがね・・・_| ̄|○

<現在登録中の先発陣>
岸 :GRがほぼ確定。中島という声もありますが、私は岸だと確信しています。入手が困難・・・
大隣:成績から言ってFSの可能性が非常に高いです。飛躍的に強化されているはず。入手が(ry
山口:リリーフで追加希望。でも現状ではSP以上しか望み薄。ようは入手が(ry


<追加の可能性がある期待の新人>
齊藤:後半戦は3勝したのでカード化の可能性は非常に高いと思います。
片山:後半は結果が出ませんでしたが、カード化の可能性はあると思います。
   年齢的にFSの可能性が。入手(ry
   今期の前半は怪我で棒に振っているので2009バージョンのカード化がピンチ。是非カード化を〜〜〜

<その他の現在登録中の先発陣>
涌井はよっぽどのことがない限り3.5GRを超えることはないでしょう。だから追加があっても使わないと思います。増渕、高井は論外、成瀬も調子が上がらなかったのでカード化は無いと思います。


○リリーフ
今回は既存の2選手がソコソコ強化される可能性があると思います。

星野 :ほぼ黒は確定だと思う。元々が良い数値だったがそれ以上になりそう。欲しい
石井裕:横浜に移籍で一気に開花。今期はクローザーか?SPの可能性すらある。欲しい

岩瀬は年齢による衰えが忍び寄ってきた感じ。追加は無い事を期待(若手がカード化されて欲しい)

那須野、長田、小野寺のカード化は100%ない。というか年齢的にリアルで崖っぷちです。2年以内に復活しないと戦力外が見えてくると思います。奮起して欲しい。
中里も多分カード化は無いですね。背番号も70と投手で最も大きい数字になったし、こちらも崖っぷちだと思います。体調管理さえしっかり出来れば球児のようになれると思うのですが・・・


野手編

若手の野手にカード化の可能性があるものの期待しすぎは禁物かもしれない。
中心打者のバージョンアップは全く持って期待できないので、世代交代用の選手の物色がせいぜいかな。

○捕手
多分、追加は無いのでこのまま。

○内野
平野:昨年の前半は好調。後半戦はライトを守ることも。カード化の可能性?・・・うーん
川端:プロ初HRを打つなど後半は活躍の兆しが。でもカード化は微妙かも。今期は怪我で出遅れorz
武内:もしかしたらカード化があるかも?今期は正念場。

<新規検討選手>
内村:育成上がりの内野手。非常に小柄で俊足が持ち味のスイッチヒッター。守備もいい。

高須の穴を埋めた後半戦の活躍でカード化がありうると思います。問題は誰を抜くのか?という点だけ。
将来の荒木の後釜候補の一人。役割としては被っている早坂がターゲットになるが、果たして・・・


○外野
赤松:完全に開花。来期はアレックスの変わりになる予定。でもカード化は微妙かも・・・
栗山:FSでカード化が決定している。非常に欲しい、是非。でも心配もある・・・
平田:FS候補。プロ初HRがサヨナラだったのでHL候補でもある。カード化の可能性は高い。
   ・・・と信じている。

野手も出来不出来が激しくカード化される可能性のある選手はSP以上が多い気がします。
特に栗山は成長力に物凄く期待しています。だって通算成績でも3割近く打っていて昨年は最多安打ですからね。
これで成長してもミート17止まりとか言ったらマジデ泣くぞ。

平田も終盤の活躍が評価されて、数値UPでカード化を希望しています。
というかパワー12、ミート13の未来のクリーンナップ候補なんて他にいねぇっての。ちったー成長させろよ。

――――――――――――――キリトリ―――――――――――――――

さて、2009年シーズンの我がチームのメンバーはどうかというと・・・
野手陣には、そろそろ寄る年波に勝てなくなってきた選手が数人出ています。
昨年から心配していたアレックスがとうとう引退しました。率はともかく長打が少なくなりパワーが衰えたのは明白でしたし、それほど目立ちはしませんでしたが守備や肩にも衰えが見え始めていたので正解なんじゃないかと思います。
金城は打撃面の衰えが、荒木は身体的な衰えが出てきています。宮出も楽天に移籍しましたが、結局サブメンバーである事に変わりは無く、来年にはお払い箱になりかねない状況に変りはありません。

なんと主軸全員じゃないですか!!(絶望が見える・・・


また、先発投手陣はともかく、リリーフの高年齢化が気になるところです。
今年一杯は何とかなりそうですが、那須野、小野寺、長田は年齢的にそろそろ尻に火が付いていますし、岩瀬も徐々に衰えが見え始めています。唯一の光は石井裕也がクローザーとして一本立ちできそうな点です。
(つまり岩瀬の後釜は一応確保できたと考えられるって事ですね。)


と言うわけで、投手は右の人材不足は顕著なので来期以降は右投手の物色を始める予定。
また、野手は外野、二塁、一塁手の人材をスカウトする方向で。




今年の新人やオープン戦で活躍した選手などから現在の注目選手を。
一軍登録されてない選手はファーム成績を逐一チェック中。こういうのも楽しみではある。

右投げ投手
伊藤準規:中日のルーキー、動画を見た限りではフォームが立ち気味だがボールは良さそう。
小熊凌祐:同上。フォームも球筋も気に入りました。右肘手術の結果やいかに
樋口 賢:中日の若手、肘の使い方が柔らかいので注目中。
今井啓介:広島の若手、ファームでのローテ投手。先発として育てられているのかな?
木村文和:西武の若手、今年のローテ投手として期待されたが期待はずれの結果に。

左投げ投手
土屋健二:ハムのルーキーにして松坂や涌井、そして成瀬の後輩。先輩に続けるか?
辛島 航:楽天のルーキー。フォームに惚れた。細身なので今年はまだ出てこないかな。
松永浩典:西武の若手。西武の左投手としては若い方。今年はリリーフで活躍しているので期待。
武隈翔太:西武の若手。高卒2年目だが二軍ローテに入っている。去年から引き続き注目。

投手は割りと急ぎじゃないので高卒を中心にチェック中。でも、リリーフは若手からなる人は居ないので微妙・・・
現状では二軍戦でも投げていない人が多いくらい(特に右利きが・・・お〜い)

内野手
内村賢介:楽天の韋駄天。育成上がりの小兵。近未来のセカンドレギュラー候補。
福田秀平:福岡の若手。細身ながら長打力もあるスイッチヒッター
石川雄洋:横浜の若手。左打ちに専念したことで藤田と完全に被る状態に。打撃では藤田より数段良い
浅村栄斗:西武のルーキー。完全に中島FAを見越した補強。若いチームだけに出てくるのはかなり先か?
黒瀬春樹:西武の若手。オープン戦では打撃でアピールできていたので出来れば昇格して欲しい。
梅田尚通:西武の若手。まだまだ力不足だが久々の日本人一塁手を期待。
山本芳彦:広島の若手。そろそろ若手とは呼べなくなる年齢に。右打ちの強打者として期待
梶本勇介:ヤクルトの若手。山本と同じくそろそろ危機感を。両打ちの強打者になることを期待。

外野手
野本 圭:中日のルーキー。青木に近いイメージの打撃と肩に期待。守備が良ければ申し分ない。
松本啓二郎:横浜のルーキー。やや上半身で捌きすぎだがパンダ由に似た打撃と守備に期待。野本と二択か
藤井淳志:中日の中堅。金城の後釜に座れるか?現状のまま両打ちで絶好調のままカード化期待。
牧田明久:楽天の中堅。守備面で期待が大きい選手。先発出場は宮出との争いになっている。
鈴木将光:広島の若手。守備では既に高い評価。あとは打撃で結果を残せるかどうか。
斉藤彰吾:西武の若手。ドラフト7位と評価が低かったが今期は二軍でレギュラー。松坂より期待している。


主軸全員が危機、という状況なので来期の初カード化される選手たちには即クリーンナップの期待が掛かります。特にアレックスの変わりに登録されるはずの野本、松本、藤井には頑張って欲しいです。
左右のバランスを考えると外野の補強が牧田になる可能性もありますね。

また、外野はともかくこのままだと内野手の長距離砲が居なくなってしまいそうです。
武内もしくは堂上兄のどちらかが覚醒して欲しい所なのですが・・・

宮出、アレックスに代わる右の長距離砲も居ないのが気がかりです。
現在登録されている選手では、平田、堂上弟そして江川が候補になりますが果たしてブレイクしてくれる人が出るのかどうか・・・
誰もブレイクしてくれずに宮出が引退した場合、栗原、畠山、内川の27歳トリオの中から選ぶ予定です。
流石に主軸が減りすぎると寂しいですからね。

いずれにしてもBBHを始めてからNPBを見るのが楽しみになりました。
試合結果ではなく選手の成績に一喜一憂する点が他の人とは違うと思いますけどね。

ではまた。
posted by めぐり at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

古い話題で申し訳ない

やるやると言って置きながらやってなかった「プロスピ5からの変換」ですが、ロケテカードを見るとやはり若干変えているようです。

なのであんまり意味がありませんがちょこっと公開。


○先発
オールスターも近づいてきましたが、新規登録で期待している投手で思った以上の活躍をしているのは大隣と片山ですね。結構、一軍登録すらされていない投手が多いです。例えば山口だとか高井だとか。

従来からの使用選手の中では、那須野が先発に固定されてそこそこのピッチングをしていますので、今期の横浜の状態から言って、先発でカード化される可能性が高いです。まあ、能力はかなり削られちゃいそうなんで、使うかどうかは微妙ですが・・・


では先発のデータ変換してみましょう。
《右腕》
涌井【15-11-17-19-13】ク2、伸4、切3、左4、強さ4、打球反応→【17-13-18-20-13】伸4、切4
増渕【16-10-10-12-12】伸4、切2→【18-13-16-14-12】伸5、切3、強さ4
--------------------------------------------------------
岸 【15-12-14-14-10】伸3、切3→【16-13-17-15-10】伸4、切4
山口【16-12-10-11-13】伸3、切3、スロー、ラ2、一発→【17-12-14-15-13】伸4、切4、ピ4、強さ4、一発
木村【16-09-10-11-10】伸3、切3→【16-13-12-15-10】伸4、切4

右は涌井と増渕が決定。現在登録されている岸と山口が5番手と7番手を期待していますが果たして?
新規登録があるとすれば西武の木村が育成枠で考えられますが、一軍登録も無いのでまず無理でしょう。

《左腕》
成瀬【13-15-18-13-14】スロー、伸4、切2→【13-15-18-14-14】伸5、切4
高井【17-12-10-12-12】伸3、切4→【18-14-14-18-12】伸4、切4
那須野【15-13-14-12-11】伸3、切3→【15-14-16-15-11】伸3、切4
------------------------------------------------------------------
大隣【17-11-12-13-11】伸2、切3、ピ2、ク2→【18-13-14-13-11】伸4、切3、ピ2、ラ4、ク2
石川【13-13-17-12-13】伸3、切3、ピ2、ク4、打球反応、牽制→【13-13-19-14-13】伸3、切4、同左
片山【14-11-10-12-10】伸3、切2、強さ2、ク2→【16-13-15-14-10】伸4、切4、強さ2、球速安定
齊藤【14-12-12-11-10】伸2、切2→【15-13-16-13-10】伸3、切3
松永【13-14-12-12-10】伸2、切3、ピ4→【13-15-14-13-10】伸3、切4、ピ4

左は成瀬が決定。現在はGR工藤が入っていますが、もう一度検討しなおすことにしています。

候補の中では大隣と石川が今年は非常に良い状態なのでプロスピ5より大幅に良くなってカード化される可能性があります。また、最近一軍に上がった片山もローテーションに入って活躍しているのでカード化されるかも。

それ以外の若手2人は未だに2軍生活と冴えないのでカード化は無理かな・・・。
成瀬以外はカード化されれば大隣、片山、石川を起用考えています。先発7枚目をカード化が微妙な山口と片山辺りが争いそうですね。

○リリーファー
去年の西武の成績が余りにも悪かった影響で、プロスピ5では小野寺も星野も無残なデータになってしまいました。相変わらず岩瀬は安定していますが、現在使っているリリーフは彼以外ほとんどグレードダウンしている上に活躍もしてないのでカード化すら厳しいかも。

高井と那須野という左のリリーフエースが抜ける可能性があるので特に左のリリーフは新規選手を探しておく必要すら感じています。余り代える予定はないのですが数値の良い選手を何人か紹介します。

《右腕》
小野寺【17-13-12-10-11】ク4、伸3、切2、ラ2→【17-13-12-10-11】ク4、伸4、切4、ラ3
長田【14-12-14-10-12】伸3、切3、左4、一発→【14-12-16-10-12】変化なし
中里【15-10-09-09-12】ク1、伸3、切3、スロー→【16-13-12-10-12】ク2、伸5、切3、ジャイロ、スロー
---------------------------------------------------------
佐藤誠【15-12-15-10-11】伸3、切2、ピ4→【15-13-17-10-12】伸3、切4、ピ4

《左腕》
岩瀬【14-15-18-10-14】伸4、切4、ク4、打球反応、威圧感→【15-17-18-12-14】切5
星野【13-15-11-10-13】伸2、切3、左2→【13-15-13-10-13】伸3、切4、左2
-------------------------------------------------------------
石井裕【15-10-12-12-11】伸2、切3、ラ2→【15-13-15-12-11】伸3、切4、ラ3
小林【13-09-11-10-11】伸3、切3、ラ2、強さ2→【13-10-13-13-11】伸3、切4、強さ2、左5
佐藤賢【13-13-14-10-10】伸3、切3、左4→【13-15-17-11-10】伸3、切3、左5

今のところこの面子でカード化が決定しているのは岩瀬、小野寺だけだと思うのでリリーフは混沌としています。枚数が足りるんかな・・・リリーフで気に入った選手があまり居ないってのも問題なんだよな・・・
中日の若手に何人か気になる選手は居るんだけど・・・はて・・・

○捕手
現状では炭谷がメインになっていますが、プロスピ5で余りにも評価が下がってがっくり。
サブとして使っている嶋の守備面の評価が高いので下手すると逆転される可能性がある。
攻めの炭谷、守りの嶋という役割は今後も継続されると思われます。

一軍登録選手の中ではソフバンの高谷とヤクルトの川本は注目しています。プロスピ5に記述がない選手では楽天の銀次を応援中。

R:炭谷【11-09-11-15-14】バ2→【1514-11-15-15】+PH、変化なし
R:嶋 【08-10-15-16-13】逆境、バ2→【11-13-15-18-16】+ブロック
--------------------------------------
R:川本【11-11-15-15-11】リード2→【13-15-15-15-14】チャンス4、リード3
L:高谷【09-09-13-17-10】リード2→【13-15-13-17-13】ブロック、リード3
L:銀次 ―――

炭谷は全ての面でグレードダウン。特に送球面が激烈なダウン。別に送球が悪いわけじゃないんだけど・・・
打撃面は長打力だけは買われているようだが、まあ現状では仕方ないか?それと走塁面がなぜここまで悪いのか不思議。結構足は速いんだけどなあ・・・

嶋は打撃面があいかわらずからっきし駄目なのでハンデが付いている感じがするが守備は一級品。

川本と高谷はちょっと中途半端。両方ともリアルでの活躍次第ではもうちょっと初期値が向上するか?
二軍で捕手と三塁手を兼任している銀次のリード面の評価が聞きたい。打撃は文句なしらしいが、果たして?

○内野
まずはカブレラとお別れ。最初からずーっと使ってきたがそろそろ若手に交代時期。代わりは今のところブラゼルの可能性が一番高いが武内の可能性もやや残っている。
ブラゼルは打率こそそれほどではないけど長打力はカブレラの後釜として文句なし。プロスピ5より数値が上昇しそう。是非ミートももう少し上げてください(無理)

武内は一軍定着。代走に出るなど結構マルチな使われ方をしていていい感じ。黒カード化か?逆に宮出は調子が下降気味で二軍と行ったり来たりと予想を裏切る低調に終わっています。カード化自体が怪しいかも。

草野は何故かプロスピ5よりロケテカードの数値がやや上昇。ミートが16とプロスピ変換の15より高いのは嬉しいが、リアルでの不振で微妙に製品版に不安が。

藤田はカード化されていない可能性が高いが是非プロスピ5準拠でカード化されて欲しい。
平野が外野手登録されたが、現在では二塁手レギュラーなのでカード化は間違いなく、荒木の控えは万全。

三塁手の控えをどうするかが今の最大の課題です。一応堂上弟がロケテカード化してるので最上位は決まってるんですが、それ以外の期待の若手のデータも乗せておきます。尚、期待の楽天西谷と楽天西村はプロスピ5に未登録(涙)。

《一塁》
Lブラゼル【15-12-10-14-09】体当たり、PH→【17-12-10-15-09】変化なし
R:宮出【13-14-13-15-12】盗2、バ2→【17-15-13-15-12】変化なし
--------------------------------------------------------------
L:武内【11-13-10-12-11】バ2→【16-18-10-12-15】+広角
L:堂上剛【10-12-13-17-13】エラー2→【17-15-13-17-13】エラー3、満塁、サヨナラ、代打、初球
L:岡田【12-10-12-10-09】エラー2、送1→【19-15-12-10-09】エ3、送3、チ4、広角、サヨナラ、体当たり
《二塁》
R:荒木【10-14-19-13-19】チ4、左4、送4、盗4、走5、ヘッスラ2、内→【10-17-20-13-20】+CM、職人
L:平野【10-12-17-16-19】盗2、バ2、ヘッスラ1、エ4→【11-15-17-16-20】+盗3、バ3、エ5
--------------------------------------------------------------
S:早坂【07-09-19-11-14】盗2、バ2→【09-15-19-11-16】+盗4、足4、内野、バ3
《遊撃》
L:藤田【09-13-16-15-16】バ3、盗2、左2、初球→【11-18-16-15-19】+盗3、流し、内野
-----------------------------------------------------------------
R:川島【09-11-17-12-11】盗2、バ2→【12-17-17-12-15】盗4、送4、AH
R:川端【09-11-17-16-12】バ2→【16-17-17-17-18】初球、固め
L:阿部【08-09-17-16-09】エラー1、送球2→【13-18-17-17-15】+AH、内、CM、エ3、送4、バ2、盗3
L:西谷―――
《三塁》
L:草野【12-15-12-13-12】サヨナラ、代打、ヘッスラ2→【14-17-12-13-12】変わらず
---------------------------------------------------------------
R:堂上直【09-09-13-15-11】エラー2、送球2→【15-19-13-15-16】エラー4、チ4、威圧、初球
L:坂 【07-10-17-13-13】盗2、バ2→【09-17-17-13-15】+流し、内
R:黒瀬【12-10-13-15-10】エラー2、送球2→【14-14-13-17-13】エ3、送3、逆境、初球
R:山本―――
S:西村―――

一塁のブラゼルが期待以上の活躍をしていることで一塁の問題はほぼ消え、三塁手の控えもロケテカード化した堂上直が居るので最低限の確保は出来そう。2軍枠という情報があるので他にも選手を入れたほうが良い様な気がするので早坂、坂、西村、川島、川端辺りもカード化されたら検討したい。

○外野
こちらも和田との決別の時が。栗山で十分穴が埋まると思っていたが余りにもひどい査定でがっくり。しかし、現実では、2番に定着して走攻守で昨年を上回る活躍をしているので是非能力上乗せでカード化を。

金城と赤田はプロスピの査定は非常に優遇されていますが現実では微妙ですね。特に赤田は劇的な逆転サヨナラ満塁HRがありましたが現在は二軍だし・・・今後の復活があるかどうかがカード化の鍵ですね。

赤松はプロスピ査定が完全に守備主体になったので、場合によってはアレックスの代役になれるかもしれません。アレックスは年齢的には抜くかどうか悩むところですが、代役となりそうな選手も出てきてないし、今年は打撃も絶好調ですからね。抜くのはちと待ちたい。

江川は、非常に悩みどころ。プロスピ5なみの成長が期待できるなら和田の代役としてもいいんだけど・・・今年の成績から言うとホントに使いどころが無い選手になりそう。一念発起して一軍に返り咲いて欲しい。
(ライバルの松田と井手が絶好調なので厳しいのはわかるけど、腐るような年じゃないだろ!!)

ロケテでカード化されている平田は成長面を期待しています。江川とどちらを一軍に入れるか悩むな・・・
大松は大ブレイク中で黒カード化はほぼ確定になっています。流石にレギュラーになれないと可哀相なんで採用は微妙な雰囲気となっています。同様に松元も微妙かも。

S:金城【12-15-18-18-18】→【12-19-18-18-19】+AH、内野、固め
R:赤松【07-09-20-18-14】バ2、盗2、内野→【10-14-20-18-17】+盗4、走4、CM、LB
S:赤田【12-15-17-13-17】内、初球、盗2、走4→【14-16-17-13-18】CM
R:アレ【13-17-13-17-16】CM→【14-18-13-19-18】チャンス4、CM
L:栗山【12-15-15-13-11】代打、バ2、盗2、走2、エ2→【15-16-15-13-13】変化なし
---------------------------------------------------
R:南 【10-09-14-20-13】バ2、盗2→【13-15-14-20-13】変化なし
R:牧田【09-13-16-18-16】CM、LB、送4→【10-14-17-20-18】走塁4
R:江川【11-11-17-15-11】チャ2、バ2、盗2→【16-17-17-15-13】+AT、広角
R:平田【11-13-15-15-13】→【14-19-15-16-15】+威圧、広角、固め、エ4
L:大松【13-16-11-12-12】左2、送2、バ2→【16-17-12-13-12】+LD、逆境
L:松元【11-14-13-14-10】エ2、バ2、盗2、足2→【13-19-13-14-12】+AH、エ3
R:松坂【11-09-15-15-08】エ2、送2→【18-13-15-15-08】+PH
R:鈴木―――

アレックスの代わりはカード化されれば南、牧田、鈴木(広島)を期待しています。どれもカード化されれば2軍枠を使って入れる価値ありですね。でも、ちょっと牧田と鈴木は無理かもね・・・

最近ですが、気に入った外野手が一人居ます。楽天の横川選手。
まだまだ打撃は粗いですが、長距離打者として大成して欲しいですね。気に入った理由は何と言っても、スイングの綺麗さです。スパっと体の軸が崩れずに振りぬいてHRにしたあの一撃で好きになりましたね。

プロスピの数値は低いですがカード化すれば、そして二軍枠に余裕があれば入れたい選手です。



ところで・・・オープン戦以来、ブログの更新をしない江川君。そろそろオレ切れるよ?マジで。
posted by めぐり at 20:10| Comment(4) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

もしもBBH4が出るとしたら(気が早!)

なんか、期待してる選手がオープン戦でどんどん活躍してるので嬉しい反面、焦りがあったり。
「おまえ、活躍してるから期待してるなんて言ってるんだろ」とか言われそう、とか。

ま・さ・に、小心者です。

というわけでちょっと記事にしようかどうか迷ってた内容を雑記で。
まあね、もともと期待されてた選手ばかりなんで、各球団のファンにとってはアホか
と言いたいかもしれませんけどね。

この中から「プレイスタイルが大好き!」と言える選手が是非出て欲しいです。んで公式戦で活躍を!




BBHを遊んでいる上で私が最も楽しみにしているのが、メインチーム編成を考える時です。
つまり、私の場合、監督業と言うよりGMを楽しんでいる、って感覚ですね。

選手の入れ替わりと役割、現在の成績と将来への布石。
そういった所のバランスを取るという作業がとても楽しいのです。
もちろん好きな選手を重視した上で、ですが。

そういう意味で、現在の楽しみはBBH4のチーム編成です。
(3.5で新しい選手がテンコモリなら3.5の話になるんですが・・・)

BBH4以降を考えるなら、先発陣の陣容の整備、それに高齢となったカブレラと和田さらにアレックスの代わり、江川が登録変更になった事で空いた三塁手を今年のペナントレース序盤から探しておく必要があるわけです。

現在、メインチームの構成で特徴的なのは
1.先発年齢が低い:工藤以外で最も高齢なのは岸(ルーキー)です。
2.野手の高年齢化:アレックス、和田、カブレラが36歳、金城、草野が32歳、宮出、荒木が31歳。
3.野手登録の偏り:正三塁手が(カード上で)登録されていない。今期の外野手登録選手が8人。
4.クローザー固定:岩瀬は固定だが、34歳なのでそろそろ替わりの選手を探す必要があるかも。
5.リリーフは良好:左右のバランス、年齢構成共に現状では理想的。

こうしてみると投手陣はバランスが非常に良くなっていることが判ります。
あえて欠点を探すとすると先発投手陣の左右の人数バランスが取れていないことです。

しかし、先発陣については現状から大きく変化することはないと思っています。
あえて現状のメンバーで言うならリリーフから先発に復帰しそうな高井に期待しています。
開幕からローテーションに入って結果を出せば先発でカード化されるかもしれません。

また、高井がリリーフから昇格しないとしても期待の左投手は多い(齊藤悠、大隣、片山、松永など)ので今年の活躍次第では右の岸、山口辺りは登録を外れる可能性すらあります。

ルーキーについて語るのは時期尚早と思っています。登録するとしたら候補は居てもなかなかカード化されてこなかった左の投手でしょう。もっとも、一番ローテーションに入りそうな長谷部は投球フォームが好きではないので入れないと思います。帆足などの左利き投手に多い、腕を担ぐフォーム、あれ嫌いなんですよ。
西武の高卒ルーキーの武隈はちょっと注目しています。

一応6〜7人の先発を登録する予定にしています。現状での候補は以下の通り。

右:涌井、増渕、岸or山口、[木村]
左:成瀬、[工藤、松永、齊藤悠、片山、大隣、高井、石川]

現在登録されている工藤はもう一度選択候補としてふるいにかける予定です。
ちなみに斉藤については投球フォームを見てからもう少し考えたいと思っています。
一軍に登録されて欲しいですね。<2/25現在では二軍降格・・・>
大隣は良いフォームのなんですが、SBなんだよねぇ・・・

・片山:BBH2になる時に期待していた楽天の高卒ドラ1左腕。プロスピ3のデータではスタミナSランクに成長するなど非常に高い評価。怪我から復帰して欲しいです。

・齊藤悠:一昨年高卒ルーキーながら初登板初勝利した広島期待の左腕。だったのですが、去年はフォームを崩してボロボロだった模様。復活なるか?

・大隣:ソフバンの昨年の希望枠左腕。昨年の腰痛が治ってキャンプでアピール中らしい。ちと太めだったけど投球フォームはいい感じです。

・松永:西武の数少ない左腕。去年の不可思議な使われ方が可哀想だった。成績自体は余り悪くはなかったので今年は課題のコントロールを改善して活躍を。

・木村:西武の高卒右腕。体力が付けば活躍の場はあると思われます。今年は一軍で活躍できるか?

新人は上記5人とルーキーを含めた数人から一人入るかどうかだと思います。
工藤の枠はその5人だけでなく石川も競争に入ります。

リリーフは現状では余り変化させる気はありません。
年齢構成も7人で30台二人、20台後半三人、20台前半二人と文句なし。
将来的なことを考えると、30台二人の左利きの代役を来年以降探しておいたほうが良い、程度でしょう。
現状で「好きな左のリリーフで登録していない投手」ってせいぜい石井裕(中日)しか居ないんですが(笑)

BBH4のカード化を基準に考えるなら、メンバーは揃っていますが岩瀬以外アテにならない所が厳しいです。
那須野は前半戦絶望でカード化はないでしょうし、小野寺も抑えに戻れるか怪しいです。
長田もそろそろ尻に火が付いてきましたし、中里も今年が勝負でしょう。
カード化される選手がどれだけ居るか、という点で楽しみがあります(えー)。

ちなみに私は「左利きクローザー」大好きです。
ビリー“ザ・キッド”ワグナー(NYメッツ)が私の考える最高のクローザーです。
(田口には弱いけどなー)


捕手は変更する予定はありません。
とりあえず銀仁朗がカード化されるかどうかが大きな分岐点でしょう。
どんなことがあっても彼が第一捕手であることは変わらないので是非カード化を。
二番手は嶋が一番良いと思いますが、昨年期待した銀次や高谷辺りは今年カード化される可能性がありますので注視したいと思います。もしかしたら入れ替えもある?


次に問題だらけの内野陣。

ファーストは、カブレラの代わりを考えましょう。誰がいいですかね?
え?好きな選手じゃないのかって?確かに好きな選手ではあります。
でも来年は居ないんじゃないかなぁと思いまして・・・。
(今年の成績次第ではあるが、年齢的にも上積みは見込めないので来期の契約は厳しいと思っています)

順調に成長するなら宮出を第一候補にしたいと思います。もっともリアルで外野登録なのがちょっとね・・・

とりあえず、日本人の方が長期間使えるのでそちらで探してみたいです。若手が入りにくいポジションなので探しにくいのですが・・・。中田?あんまり好きなタイプじゃないんですよねぇ・・・
単純に好き嫌いなら福浦で確定なんですがそれじゃ芸がないですからね。セカンドチョイスにするとなると若手を基準にしたいと思います。と言うわけで候補は3通り考えています。

1.宮出がレギュラーに定着できなかった場合:福浦、吉村、栗原

・福浦はファーストの選手としてはカブレラと並んで好きな選手の代表。タイプは違うけどイチローに似た打撃フォームが好き。問題はカブレラと大差ない年齢

・吉村は期待の若手スラッガー。問題点は守備が悪いところと本人の希望が外野手であること。今期からファーストじゃなくなるという噂もあるのでファーストのレギュラーとするには無理がある。

・栗原は広島の4番という実績あるスラッガー。使ってみたかった選手の一人。但し、やはり守備がネック。そしてGRになるらしいのでテンプレ選手として扱われることが最大の問題点。


2.宮出がレギュラーに定着できた場合:堂上剛、岡田貴、武内
・堂上剛:今期から一軍での出場も期待される若手。登録は外野だがウッズ欠場時に代役となれればファーストとしてカード化されるかも
・ 岡田貴:浪速のゴジラとして有名な若手。但し、外野登録されているのでファーストとしてカード化されるかは微妙。もっとも守備面では全くアテにならないようなので是非ファーストでカード化を。
・武内:もともとカブレラの控えとして登録されていたが、BBH3になった時に投手と交代で登録を外れた。リアルでもリグスが居る為二軍暮らしが続いている。実は俊足らしい。是非今年は活躍を。

3.カブレラに変わる若い外国人
・ブラゼル:リアルでカブレラの代わりを求められている若手外国人。実際にはあれほど馬鹿馬鹿しいほどのHRは量産できないと思うけど、若いので是非定着して欲しい。球団側が無茶な夢を見ていないことを祈る。


テンプレ選手が抜けるからと言ってまた入れちゃうと宮出が可哀想なので基本的にはブラゼルを含めた若手採用の方向で。もっとも、あまりにリアルで宮出が情けないことになった場合、栗原辺りを入れることは考えておいた方が良いかもしれません。宮出も今年で31歳、「若い」とは言えないですしね・・・


二塁〜三塁にかけての問題点は二つ。
一つは三塁手。正三塁手は草野になるとしても、江川と平野は外野手転向。控えが居ないことになる。
また、草野は三年目とは言え32歳とやや高齢だ。控えに留まらず将来の正三塁手となれる人材を探そう。
もう一つは二塁手。荒木は今年31歳。まだまだやれる年齢ではあるが、攻撃面では足が魅力なのでそろそろ次世代の韋駄天、そして守備力の高い選手を検討しておいた方がよさそうな気がする。実のところ打撃面より盗塁と守備に重点が置かれるのでなかなか良い選手は見つからない。今のうちから検討しとけ!

というわけでまずは二塁(遊撃)の検討を
・早坂:ロッテの内野手(主に二塁手)。BBH1でカード化されているが遊撃手扱いであり二塁適正が低い、また現在は両打ちになっている。出場機会が無いが、走守攻揃った二塁手として非常に魅力的。プロスピのデータでも毎年守備力に磨きがかかっている。最も期待する一人。

・森岡:中日の内野手。リアルでの後継候補とされている。年齢も近いがやや盗塁向きではないようだ。どちらかというと来年居なくなりそうな井端の後継者と思える。

・松本:広島の内野手。走攻に優れているが守備面については不明。広島は東出と梵が居るのでその壁を乗り越えられるかが勝負。走塁面では候補といえる。

・川端:ヤクルトの内野手。俊足好守の選手だが、盗塁は少ないらしい。二塁には田中が居るので遊撃手での一軍定着を目指しているらしい。

・川島:同上。打撃面に課題があるが守備と走塁面は及第点の二塁手。外野も守れる点も合わせて荒木に通じるものがある。期待の一人。

・野中信吾:俊足堅守の両打ち二塁手。ともかく俊足で盗塁成功率も高い足のスペシャリスト。リアルでは藤田のライバルで今年の出来次第でどちらかが「次世代」から落ちる可能性もある。

・金子圭:両打ちのミート系内野手。守備力と走塁が売り。非力なため一軍定着ならず。ソフバンの内野手であることを考えると川崎と本多の後釜と思われる。

・森山周:オリの内野手。走塁面は抜群。打撃も波はあるものの巧打タイプ。課題は守備?27歳とそれほど若くないのでやはり荒木の代役にはあまり向かないか。


次に寝耳に水の「江川のコンバートは予定通り」発言で控えを失った三塁の検討を。
打撃もそうだが守備面でなんとかしたい。

・堂上直:中日の兄弟選手。二軍で既に四番サードとして活躍中。ノリが怪我をすればチャンスあり?新井弟が居るので現状ではなかなか出番が無いかもしれない。カード化は微妙

・坂:阪神の内野手。打撃は巧打タイプで守備面は良いらしい。しかし走塁面の評価が無く二塁手として荒木の代役は無理っぽいので元同僚の草野の後継者として期待。なにやら田尾とケンカして放出された経緯といい、現状での練習風景といい、やや強情で性格面に問題があるかも?

・西村弥:楽天の守備力と俊足が売りの両打ちの遊撃手。打撃優先の楽天にあって貴重な若手守備プレイヤー。遊撃だけでなく二塁、三塁の守備も良いらしい。奈良原さんタイプの選手なら是非採用を検討したい。リアルでも守備に難点が多い選手が多いので是非一軍で。

・西谷尚:打率を残すタイプの左打ち三塁手。リアルでの草野のライバルもしくは後継者。やや長打力に欠け、守備はややいいらしい。西村と草野の中間という感じ。坂と似たタイプ?

・山本芳彦:右打ちの内野手。新井が抜けた三塁手候補。俊足強打らしい。守備もそつなくこなせる模様。年齢もそこそこ若いので期待。

・安部友裕:左打ちの内野手。これまた俊足強打強肩の選手。新井の穴を埋めるか?ルーキー。

・黒瀬:西武の内野手。打撃タイプの野手で守備に難アリ。一塁〜三塁まで全てを守れるのも良い所?

・梅田:西武の新人。内野全般をこなす守備力が売り。長打力もあるようなので将来活躍して欲しい。

誰を使うにしても平野ほどの万能性が無いため、来期に採用しても3番手かも。


外野についてはレギュラーの平均年齢が高いということもあり、少し変更したいと思います。

DH主体で外野の控えをしてもらっていた和田も西武だからという面が強かった選手なので彼の変更を検討してみたいと思います。特徴的なスイングも性格も好きな選手でしたが、そろそろ次代の選手に代わるべき時かも。

DHは5or6番で栗山がレギュラーに確定しそうなので、和田の枠はそこそこ守備も出来る人材が欲しいところです。あるいは栗山が守備も担えるなら、打力だけでもOKですね。
西武ならGG佐藤、大崎辺りでしょうか。GGは性格的に好きじゃないし、大崎は長打タイプではないし守備面でも期待したところなので採用するなら赤田、赤松のポジションでしょう。
やはりセカンドチョイスという事で若手の成長する選手を選びたいと思います。
と言うわけで候補は・・・

・平田:カード化が微妙だが将来性もプロスピの成長力も抜群。リアルでも怪我さえなければ一軍で活躍できると期待しています。

・大松:ミートの評価が高いのでタイプとしては和田に最も近い。既に一軍で結果を出しているので十分栗山とタメをはれると思う。

・松元ユウイチ:左打ちの大型野手。中距離打者だがチャンスに強い。守備に難点があるのでDHか一塁になりそう。宮出、武内とリアルでもライバル関係。

・古木:守備がアレだが打力だけなら貴重な大砲候補。移籍で燃えているそうだが、ローズとの勝負じゃ勝算無いんじゃない?

・斉藤彰吾:地元期待の西武のルーキー。強肩強打が売り、しかもアベレージ向きとの事なので和田の代わりになれるように期待。でも流石に今年は無理かな・・・

また、アレックスは私にとっていろんな意味で非常に重要な選手ですが、そろそろ年齢的に厳しくなってきているので交代次期でしょう。外人で守備主体の選手がこれほど長い間日本でプレーすることはもう無いんじゃないでしょうか?というわけで若手の強肩好守の選手を探します。

・鈴木将光:広島の右打ちの外野手。俊足強肩で緒方もしくは前田の後継者を期待されている。一昨年の怪我から復帰した去年は守備(特に強肩)と走塁で目立ったそうで、今年はレギュラーを目指している。是非ブレイクを。

・南竜介:千葉の右打ち外野手。強肩好守の選手。特に鉄砲肩は代名詞らしいのでアレックスの代わりとしては有望。打撃面で進歩すれば可能性はある。

・松坂健太:西武の若手外野手。強肩と長打力が魅力の若手。西武の外野は競争が激しく、しかもどんぐりの背比べ状態なので安定した守備と打撃が良くなれば十分レギュラーになれる。逆に言うと今年を逃すと後が無いかもしれない。

但し、江川が外野手登録されることが明確になったので一枠が江川に使われてしまう可能性があります。どちらにせよ今後の成長次第、でしょうか。あとは右と左のバランスもありますね。アレックスの代わりが平野にならないことを祈ります・・・



それ以外では30を超えた金城の後釜もそろそろ考え始めないと駄目かもしれません。
まだ数年は続けられると思いますが、現状で後継者は見当たらないので是非良い若手が出てきて欲しいです。彼は仮想「カルロス・ベルトラン(NYメッツ)」なので、両打ちのファイブツールプレイヤーという設定です。後継者見つけんのキビシス。そんな中でもちょっと注目の選手が。

・梶本:ヤクルトの野手。長打力と走塁が魅力の両打ち選手。守備面では投手からの転籍組なので不安定。外野手転向説もあるので期待。元投手という点でも金城と共通項なので頑張って欲しい。



まあ、青写真というか「取らぬ狸の皮算用」的なチーム構想でした!

それではまた。
posted by めぐり at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

終わったな

(本日の雑談は毒吐きです。BBHネタなのでこっちに書きましたが気になる方は御意見ください。もう一個に移します)

来期のチーム構想とか、そういうのを考えるのが好きなんだ。
「ダレの後釜はダレ」とか「誰々が来期意向活躍して欲しいなぁ、期待してるんだよ」とか

そんな記事を書いていました。



でも、もうそんなに遊ばれることは無いかなと、思います。



まだ画像も見てませんし、確証は無いんですが・・・
3.5PVが発表されて、その中に引退選手が入っているそうです。


ええと、




もう、終わり?(;´Д`)




はっきり言います。野球ゲームで引退選手が出たゲームはそれで終わりです。
多分、最初は(掘る為に)遊ぶ人はいるでしょう。でもすぐ廃れます。


歴史が証明しています。
過去に野球のカードゲームは幾つかありましたが、全て引退選手がカード化されて終焉を迎えています。
知っているカードゲームは3種類。


・MLB SHOWDOWN (WoC、代理店ホビージャパン)
・POWER LEAGUE (ハドソン)
・フィールドオブナイン/プライムナイン(コナミ)


私が遊んだ上二つのカードゲームはそうでした。
しかも、恐ろしいことに、上記二つは「コスト制限」があったにもかかわらずに、です。


実はその下のFoN/PNはもっと恐ろしいことに。
コスト制限なしでやりたい放題だったにもかかわらず、「いつコナミが仕様を変更してカードが紙くずになるか判らない」といった超ネガティブな話題でしか語られないようになった曰く付きのカードゲーム、らしいです。

正直言ってFoNは「強いカードを一杯持ってる人が勝つ」というバカ仕様だったので見向きもしなかった覚えがあります。カードの図柄は好きだったんですがね〜。
(ちなみに一時期数万もするカードを「ヌキ取る」行為が流行って大騒ぎになっていましたねー)

それにしても・・・


コナミって勉強しないのな(嘲笑)



MLB SHOWDOWNは2000年から2005年の中頃まで続いたアメリカのゲームで、20面ダイスを使いますが、非常に面白いシステムで、今でもアメリカや日本で有志がデータ化して遊んでいるようです。
(私のもう一つのブログを始めたきっかけでもあります。)

このゲームも、御他聞にもれず、カードパワーを上げるカードを導入する誘惑に負けてしまいバランスが壊れると言う悲しい結果を生み出しました。最初は「スーパーシーズンカード」という選手の最も良い成績を出した年のデータをカード化したものでしたが、そのうち「ホールオブフェイム」という殿堂入り選手、ノーラン・ライアンだとか、が出てきたのです。
(最も、肖像権が高くて購買意欲を広い範囲に広げないとペイしない為の措置だったとも見なせますが。)

チーム作成に当たってコスト制限があるため無制限に入れられたわけではありませんが、余りにも能力に開きがあったので入れたチームと入れないチームの差が目も当てられない事になってしまいました。
(対策カードもあったけど、引けないと一方的になることもしばしばでした。)

そりゃーMVPとか取った年のカードが一般カードより弱いわけには行かないし、伝説の選手が現役選手より弱いわけには行きませんからね。

成績を元にわりと厳格に数値化していた現役選手の出来栄えは秀逸でしたよ。
問題があるとしたら、1年経ったらそのカードが使えなくなるって事ですかね。
BBHやるよかぜんぜん少ないですけど、コンプするには5万前後突っ込む必要がありましたからね。

当時は日本人選手が少なかったので流行らなかったけど今出したら遊ぶ人居ると思うんだよなぁ・・・

ちなみに最も高いカードは年間HR記録を作った年のボンズですね。数万するんじゃないでしょうか?
能力もすごいですが、コストもべらぼうに高いです(イチロー2人雇ってもおつりが来るとか異常)

ちなみに、日本球界に来ている数多くの選手のカードもあります。
自前で持っているものではニコースキー、ズレータは確認しています。
既に居ない選手ならセギノールやホルツなど多数持っています。


結局、逆効果しか生み出さなくて肖像権をペイ出来ないと判断されて打ち切りされてしまいました。



POWER LEAGUEはいわゆるジャンケンゲームです。カードの特殊能力で結果を変更させることが出来るというタイプで9回やると(当初はそうだった)えらく長く掛かるゲームです。
なかなか面白かったのですが、長ったらしく爽快性が低い欠点があり、当初はさっぱり人気がありませんでした。

大会を開く為に3回に変更してそこそこ流行ったのか、数年の間継続されていましたが、引退選手がカード化された翌年に消えました。
(同じジャンルのFoNが流行ったことも影響あったみたいです。)

まあ、同じコストで上位カードがあればそちらを使うのは当たり前ですから、そりゃ引退選手使うよな、ってことになるとカードゲームの層とは乖離してしまうんですよね。

コストは5段階で人数と総コストが決まっていたと思います。

引退選手のカードは、確か日ハムの田村捕手を持っていたと思います。
(イチローも、松坂のルーキーカードも持っています。松坂のはプロモです)



・・・って、ネットで探して見てみたらまんま「ノスタルジックカード」じゃんか!

ttp://www.m-2.jp/gamemagazine/info_analog/Guide/powerleague2001.htm



そういや、ハドソンをコナミが買収したんだっけ。




本当にコナミって勉強しないのな(嘲笑)





そうそう、WCCFのATLEがあるんだからアリじゃね?
と思った貴方。


アホ


WCCFでその後一切ATLEが出てない事を考えれば、そしてコストなどの制限やデメリットがあるにも拘らず悪影響しかなかったことを考えれば、

失敗だったって判るでしょ?


ましてやWCCFは一番最初からあるカードが全部使えるのに、BBHは最近引退した選手やMLBに行った人は使えない事から考えると余りにも影響がでかい。

もちろん悪い方にね。



BBHのノスタルジックカード、いくつか使い方に制限を設ける案を提案している人が居ますが、んなもん出来るならとっくにやってるんじゃないでしょうかね?

期待するだけ無駄、ですよ。

排出カードの確率が低いってのは制限じゃないってのが理解できないんでしょうね。
コナミのメンタリティは小学生低学年で止まったまま、でFA。



残念ですが、まあ、しょうがないですね。

俺チームを育てる、という楽しみだけを追い求めますか。

次回は「BBH4以降に期待する若手選手」辺りの記事を書く、かも知れません。

ではまた。
posted by めぐり at 19:25| Comment(2) | TrackBack(0) | BBH雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。