2015年09月22日

晩節を汚すとはこのことだ

私はつい先日まで組合活動をしていました。
今回の件は、関係している組合幹部は頭を抱えている事でしょう。

あ、津田やったろうさんの事ね。
本人も応援に行った時に「やったろう!」って言ってたんだっけなー

既に本人は政界引退を明言していますが、こんなことあったんじゃ「飛ぶ鳥跡を濁さず」とはいかないでしょうねぇ

http://www.sankei.com/affairs/news/150918/afr1509180047-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/150919/plt1509190049-n1.html

どうせリンクはすぐキレると思うので三行で

・参院平和安全法制特別委員会の決議の最中
・最後列の女性議員(自民党の大沼瑞穂)を投げ飛ばした際に負傷させる(小指、薬指のつきゆび)
・事件後の追及に「関係ない」の一点張り

これには二つの面で追及される案件ですね。
一つは民主党として、一つはJAM組織内議員として

一つ目はJAM組織内議員として
問題は「組織内議員が、理由はともあれ暴行をした」ということを認めるのか?
ということですね。その結果としてJAM公認を取り消すのかどうかも、ですね。

なぜかというと、この対応次第では後任が決まっている藤川しんいち氏の選挙活動のしやすさ、しにくさが大きく異なるからです。

本来、JAMの政策上程を担う役割を持っている組織内議員なので、後任であることを謳って出馬するはずでした。もちろん弥太郎さんも応援するはずで、当然のことながら地盤も受け継ぐ事が出来るはずでした。

しかし、暴行の事実を認めるとなると公認そのものを取り消さなければならなくなりかねず、応援も地盤もない中で選挙活動をする羽目になる事になっちゃいます。
ただでさえ民主党議員という枷をはめて出馬するのに、暴行議員の後任なんて枷をさらに付けたらどうやったって受かりっこないです。

JAMの対応に興味がありますね。

次に民主党の対応です
昔、民主党の三宅さんが転倒して負傷した際、突き倒したとして甘利さんの懲罰動議を出しました。
内実はともかく(動画見る限り三宅さんは勝手に転んでますねw)表ざたになっている事は同じで、懲罰動議が出たらどう対応するんでしょうね?興味津々ですw
また「あれはちがう!」って言い訳するんでしょうか?

それと、今回の国会でも、民主党は女性議員の「女性であること」を利用した非常に卑怯な行動を続けていました。すなわち、「触ったらセクハラだ!と騒わぐ」です。

この津田弥太郎さんの件はどうなんですかね?もし民主党が二枚舌ではないということであれば、自主的に「セクハラを理由に」離党勧告/議員辞職勧告すべきじゃないですかね??
支持母体としては公にできる唯一の支持母体の組合組織内議員であり、離党や辞職なんてさせたら問題になるんだろうけど、さて、どうするんでしょうね?

セクハラだとか、政策と関係ない事で議事を妨げるなんて、どれだけ政治家としての矜持がないのか理解できないほど低脳・下劣だと思うのですが、

自分で言いだした事なんだからチャンと対応しろよ?ええレンホウさんよ!


そうそう、津田さんへの個人的な感想としては、まさに「晩節を汚したな」ですね。
それまでは民主党の中ではそれなりにまともにやってるうちの一人だと思ってたんですがねぇ 惜しいね
posted by めぐり at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。